Switch news

知っておきたい世界のニュース

スペインで猛烈な嵐「グロリア」が発生、洪水と暴風で現在までに4人が死亡

スペインで猛烈な嵐「グロリア」が発生、洪水と暴風で現在までに4人が死亡
Twitter/balearsmeteo

スペインで激しい嵐が発生し、各地に大きな被害を及ぼした。

 

1982年以来、最悪の嵐か

 

「グロリア」と呼ばれる強力な嵐は、スペイン東部を襲い、現在までに4人の死者が出ているという。

 

1月20日には、スペイン領のバレアレス諸島やバレンシア付近のエリアを直撃。強風と洪水により街を大混乱に陥れたそうだ。

 

このためスペインの30に及ぶ県に警報が出され、その後嵐はフランス南部へと移動していった。

 

フランスの地元メディアは気象予報で、この嵐が1982年以来、最悪なものだと伝えたという。下の動画はバルセロナの様子。

 

屋根が飛んできて、家の中で男性が死亡

 

スペイン中部のアビラでは、飛んできた屋根が住宅を直撃し、家の中にいた男性が死亡。またバレンシア付近の路上では、凍死していたホームレスの女性が発見された。

 

北部のアストゥリアスでは雪が積もった道路で交通事故が起き、1人の男性が死亡。バレンシアの街、モイシェントにある住宅の外では、低体温症の男性が死んだ状態で発見されたそうだ。

 

スペインのSNSユーザーは、バレンシアの街が水で溢れかえっている様子を投稿。また他にもさまざまなエリアが被害に遭っている動画も投稿されている。

 

 

スペインの天気予報は、嵐が到達した1月20日には風速が31mに達し、地中海沿岸地域には巨大な波が押し寄せたと伝えている。(了)

 

 

出典元:BBC:Deadly storm Gloria batters Spain, then shifts to France(1/21)

Return Top