Switch news

知っておきたい世界のニュース

【動画】オートパイロット中のテスラ車が、減速せずトラックに突っ込む

【動画】オートパイロット中のテスラ車が、減速せずトラックに突っ込む
Twitter/Fred Lambert is never getting his Roadster@jsin86524368

それは先月31日、台湾の高速道で起こった事故。横転した大型トラックが道路の内側車線を塞いでしまい、後続の車はそれを避けて通り過ぎていたが、しばらくしてやって来たテスラ モデル3だけは直進を続け、トラックに突っ込んだ。

 

現場を捉えた監視カメラの映像が、ツイッターでシェアされている。

 

 

オートパイロットで走行していた

 

事故が起こったのは、台湾の国道1号「中山高速公路」上。現地メディアによれば、横転したトラックは食材を運ぶ保冷車で、横転そのものは単独事故だった。ドライバーが中央分離帯に立って牽引車両の到着を待っていたところ、やって来た白いテスラ車が、そのままトラックに突っ込んだ。

 

テスラ車は、ボックス型のトラックに突き刺さるような形で止まった。ドライバーは無事で、同乗者はいなかった。

 

Twitter/Fred Lambert is never getting his Roadster@jsin86524368

 

テスラ車を運転していた男性は、警察からの事情聴取に対して「運転のアシストシステムをオンにしてあり、時速110kmで走るように設定してあった」と話している。「障害物があれば(システムが)感知し、自動でブレーキをかけると思っていたが、車はスピードを落とさなかったので驚いた」とのことだ。

 

監視カメラの映像を見ると、衝突寸前のテスラ車のタイヤから白煙が上がっている。この時にブレーキがかかったようだが、自動運転によるブレーキなのか、ドライバー本人が踏んだブレーキかは分かっていない。自動運転によるブレーキならば、遅すぎて間に合わなかったことになる。

 

完全な自動運転ではない

 

テスラ車の特長である「オートパイロット」は、ドライバーをアシストするために、車が自動的にハンドル操作、加速、ブレーキを行うシステムだ。完全な自動運転ではないため、ドライバーは常に車を監視する必要がある。

 

海外メディアによれば、テスラ車のオーナーがオートパイロットで走行中に、事故になりかねない状況に陥った例が多数報告されているそうだ。(了)

 

出典元:Taiwan News:Video shows Tesla on autopilot slam into truck on Taiwan highway(6/2)

出典元:autoblog.com:Watch a Tesla Model 3 drive into a flipped truck on a Taiwan highway(6/1)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top