Switch news

知っておきたい世界のニュース

白人の男が黒人男性らに「AR-15」自動小銃を向ける、無断で敷地に入ったと主張

白人の男が黒人男性らに「AR-15」自動小銃を向ける、無断で敷地に入ったと主張
Facebook/Brandon Foster

アメリカで、バイクに乗っていた黒人の男性たちに自動小銃の銃口を向けたとして、白人の男が逮捕された。

 

アサルトライフル「AR-15」を構え、銃口を向ける

 

その事件が起きたのは6月14日、場所はバージニア州北東部の街、Spotsylvaniaとされている。

 

当時、4人の黒人男性が、自宅へ帰るルートを検討するため、ある敷地の行き止まりにバイクを停めて休んでいたという。

 

すると白人のDennis Lee Berry容疑者が姿を現し、アサルトライフルの「AR-15(M16自動小銃)」を構え、黒人男性たちに銃口を向けてきたそうだ。

 

自宅の敷地に無断で入ったと主張

 

Berry容疑者は、黒人の男性らが自宅の敷地に無断で入っていると主張。「すでに警察を呼んでいる」と伝えてきたという。

 

黒人男性らは、標識を見逃していたとし、穏やかな口調で銃を下げるよう求めたが、Berry容疑者は彼らの主張を信じず、「お前ら全員が逮捕されればいい」と告げ、5分近くも銃口を向け続けたとか。

 

そのため今度は、黒人男性たちの方も警察に通報。「休むためにバイクを止めていたら、白人が出てきて、銃を向けている」と伝えたそうだ。

 

また動画には、1人の黒人男性がBerry容疑者に向かって「俺たちは武器を持っていない。しかも今、警察に電話をしたところだ。にもかかわらず、あんたはまだ銃を向けている」という声も録音されている。

 

その後、Spotsylvania保安官事務所は声明で、銃で威嚇したとしてBerry容疑者を逮捕したと報告した。(了)

 

 

出典元:NYPost:White Virginia man busted for pointing AR-15 at unarmed black motorcyclists(6/18)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top