Switch news

知っておきたい世界のニュース

スイスの動物園で女性飼育員が、入園者の前でアムールトラに襲われ死亡

スイスの動物園で女性飼育員が、入園者の前でアムールトラに襲われ死亡
flickr_Tambako The Jaguar

スイスにある動物園で、飼育員がトラに襲われ、死亡するという痛ましい事件が起きた。

 

入園者が見ている前で襲われる

 

その事件が起きたのは7月4日、場所はスイスの大都市にある「チューリッヒ動物園」だ。

 

その日の午後、女性飼育員(55)がメスのアムールトラ「Irina」の檻に入ってしまい、突然襲われたという。

 

女性飼育員は入園者が見ている前でトラに襲われ、その後、他のスタッフが救助のために駆けつけ、「Irina」を檻の外へおびき出すことに成功。

 

その間に女性飼育員は助け出されたが、すでにその場で死亡が確認されたそうだ。

 

長い間勤務していた女性飼育員

 

現時点では、なぜトラに襲われたのか、原因は分かっていない。事件後、警察が現場に急行し、檻の周りには非常線が張られたという。

 

「チューリッヒ動物園」では、4歳半になるオスの「Sayan」と、5歳になるメスの「Irina」の2頭のアムールトラを飼育していたそうだ。

 

亡くなった飼育員は、長い間勤務しており、動物園側はなぜ、女性飼育員がトラのいる時に檻の中に入ったのかも含めて、原因を調査しているという。

 

また襲われた瞬間を目撃していた入園者や、飼育員の同僚などは現在、心理的なカウンセリングを受けているそうだ。

 

実はこの動物園では、2019年にも飼育員が檻の清掃作業中に、中にいたワニに襲われ、腕をケガして手術を受ける事件も起きている。(了)

 

出典元:MailOnline:Female zookeeper, 55, is killed by Siberian tiger at Swiss zoo as horrified visitors look on(7/5)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top