Switch news

知っておきたい世界のニュース

山火事、熱波、新型コロナ…カリフォルニア州の人々が置かれた状況とは?

山火事、熱波、新型コロナ…カリフォルニア州の人々が置かれた状況とは?
YouTube/Storyful Rights Management3

アメリカのカリフォルニア州では、落雷が原因とみられる山火事が多数発生しており、多くの人々が苦しめられている。

 

停電が発生し、酷暑にも苦しめられる

 

カリフォルニア州では先日から、大規模な山林火災に見舞われ、1人の電力会社の社員が死亡、複数の家がダメージを受け、人々が避難を余儀なくされているという。

 

しかもアメリカ国内では新型コロナウイルスの感染が拡大し、カリフォルニア州では山火事によって停電も発生、住民は熱波による酷暑にも苦しめられているそうだ。

 

さらにこの山林火災は拡大を続けており、8月20日の時点で、50万エーカー(約20万ヘクタール)の土地が焼き尽くされた。

 

「施設内には入りたくありません」

 

避難した住民の1人、Cheryl Jarvisさん(69)は、自分の家が無事かも分からない状況だとしながら、次のように語っている。

 

「私たちは新型コロナウイルスに対応するだけでなく、猛暑にも、そして山火事にも対処しなければなりません」

 

JarvisさんはVacavilleの街にあるコミュニティセンターに避難しているが、新型コロナの感染を恐れて施設内には入っておらず、車の中で寝泊りしているという。

 

「私たちは施設の中には入りたくはありません。というのも、中にはあまりにも多くの人々がいるからです」

 


煙により大気の質も悪化

 

また山火事によって発生した煙もひどく、大気の質をモニタリングしているサイトによれば、カリフォルニア州のベイエリア付近は、インドや中国東部よりも空気の質が悪く、最悪の状況だという。

 

また山火事によって犠牲者も出ており、8月19日には電力ガス会社「Pacific Gas & Electric」の社員が死亡。彼は消防や救急などの安全を確保するために、電柱や電線などの撤去(整備)作業にあたっていたそうだ。(了)

 

出典元:CNN:California fires turn deadly as evacuees worry about their homes, Covid-19, and excessive heat(8/20)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top