Switch news

知っておきたい世界のニュース

飼い主を救うため強盗に襲いかかったドーベルマン、銃で撃たれるも回復

飼い主を救うため強盗に襲いかかったドーベルマン、銃で撃たれるも回復
YouTube/Riaan Viviers

南アフリカで、強盗に襲われた飼い主を助けようとするドーベルマンの映像が公開され、注目を集めている。

 

給料を狙った強盗たち

 

南アフリカの街、Brakpanに住む男性、Loodewyk De Jagerさん(58)は9月1日、近くの銀行からお給料を引き出し、車で自宅に戻ってきたという。

 

しかし家の門の前まできた時、後ろに怪しい車が止まり、中から2人の強盗が銃を手にして降りてきたそうだ。

 

強盗の1人はLoodewykさんの車のキーを抜き、「金はどこだ?お前が金を持っているのはわかっている」と脅してきた。

 

YouTube/Riaan Viviers

孫娘とドーベルマンが現れる

 

その時、Loodewykさんを迎えに来た孫娘が2頭のドーベルマン「Niki」と「Duiwel」と一緒に門の前に現れ、すぐに強盗だと気づいたという。

 

すると1頭のドーベルマン「Niki」が強盗の1人に向かって飛びかかり、地面に突き倒した。

 

倒された強盗は報復として銃を3発発射。そのうちの1発が「Niki」に命中し、大ケガを負うことに。

 

YouTube/Riaan Viviers

合計14針縫う大ケガを負うも回復中

 

その後、強盗らは車から給料を奪って立ち去り、「Niki」は動物病院へ搬送されて、治療を受けたそうだ。

 

銃弾は犬の背中から胃に向かって貫通しており、結局「Niki」は背中を7針、胃の横側を7針縫うことになったという。

 

そして手術は成功し、現在「Niki」は回復に向かっている。Loodewykさんは次のように語っている。

 

「彼女(Niki)は私の命を救ってくれました。奴らは私を撃ったでしょう。奴らは言ったんです、私を撃つつもりだと」

 

友人であるRiaan Viviersさんは、給料を奪われたLoodewykさんのため、クラウドファンディングのページを立ち上げ、支援を呼びかけているという。(了)

 

 

出典元:METRO:Moment dog takes bullet to save owner’s life during armed robbery(9/7)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top