Switch news

知っておきたい世界のニュース

バットマンの仕業か?ジョーカーの顔をした犯罪者が街で縛られているのを発見【メキシコ】

バットマンの仕業か?ジョーカーの顔をした犯罪者が街で縛られているのを発見【メキシコ】
Twitter/Reynosa Codigo Rojo

メキシコで、2人の犯罪者がテープで電柱に縛られている状態で見つかった。

 

交差点の電柱に縛られた状態で発見

 

そ犯罪者が発見されたのは先週末、場所はメキシコ北東部のリオ・ブラボー市とされている。

 

2人は男女で、見つかった時には、顔にジョーカーのようなペイントを施され、男の方はズボンを切り裂かれ、シャツも脱がされていたという。

 

また胸に「私は泥棒です」、額にも「泥棒をしたために」と書かれ、交差点の電柱にテープで巻かれていたそうだ。

 

別の場所でも若い男たちがジョーカー姿に

 

2人の犯罪者は、女性の財布を盗んだと考えられ、その後警察に逮捕された後も、男の容疑者が「女性の後をつけて、財布を盗んだ。簡単だった」と供述しているという。

 

また男の容疑者は警察の取り調べにおいて、被害にあった女性に対して「私は女性に許しを乞います。私は頭が正常ではありませんでした。薬物の影響を受けていました。大変申し訳ないと思っています。許してください」と述べたとか。

 

さらにその後も、公共交通機関のバンに乗って客を襲おうとした若い男4人が捕まり、顔をジョーカーのようにペイントされていたそうだ。

 

しかも4人の男たちは両手をダクト・テープで縛られ、大通りをシャツなしで行進させられていたと言われている。

 

 

ただまだ捜査が行われている段階のため、詳しいことは分かっていないようだ。(了)

 

出典元:MailOnline:Holy paint job, Batman! Mexican police find robbery suspects tied to lamppost and their faces painted like the Joker by mystery vigilante(11/23)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top