Switch news

知っておきたい世界のニュース

米軍のオスプレイが起こした5年前の事故、映像がYouTubeに浮上

米軍のオスプレイが起こした5年前の事故、映像がYouTubeに浮上
YouTube/What You Haven't Seen

5年前に事故を起こしたアメリカ海兵隊のオスプレイの映像が、先日YouTubeに投稿された。

 

2017年、オーストラリア沖での事故

 

その事故が起きたのは2017年8月、場所はオーストラリア沖とされている。

 

当時、MV-22オスプレイが米軍の輸送揚陸艦「グリーン・ベイ」の甲板に着陸しようとした際に、船の側面に激突。

 

3人の海兵隊員が死亡し、23人が辛うじて溺死を免れたという。その映像が今年の7月2日にYouTubeに投稿された。

 

スポンサーリンク

事故後、機体は海に沈む

 

当時の発表によると、この衝突でオスプレイの操縦席がつぶれ、パイロットの腰と足が折れ、船体にも穴が開き、やがて機体は海中に30フィート(約9m)も落下して沈んだという。

 

軍事訓練を行っていた兵士らはオスプレイから逃げ出し、レスキュー隊は、パイロットを含む兵士のほとんどを救い出したそうだ。

 

しかし副操縦士のベンジャミン・クロス少尉(26)と、ナサニエル・オードウェイ伍長(21)とルーベン・ベラスコ上等兵(19)は、12時間の捜索の後も、遺体が発見できなかったとか。

 

国防総省の調査によると、オスプレイの重量が重すぎた可能性があるとしながらも、この事故について個々の兵士に落ち度はなかったという。

 

スポンサーリンク

これまでに合計9件の墜落事故

 

オスプレイはその後、2回も墜落し、9人の海兵隊員が死亡している。実際に今年3月にはノルウェーでの軍事演習中に機体が墜落し、4人の乗組員が死亡、6月にはカリフォルニアの砂漠で墜落し、5人が亡くなっているという。

 

オスプレイは2017年から現役で任務に就いているが、それ以来、合計9件の墜落事故などを起こし、合計で21名の死者を出しているそうだ。(了)

 

出典元:METRO:Moment US military helicopter crashes into warship killing three marines(7/4)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top