Switch news

知っておきたい世界のニュース

300個のiPhoneを購入した男性、車に戻る途中、強盗に奪われてしまう

300個のiPhoneを購入した男性、車に戻る途中、強盗に奪われてしまう
flickr_Shelley Panzarella

アメリカ、ニューヨークのアップルストアで、大量のiPhoneを購入した男性が、強盗に襲われ、多くの携帯電話を奪われてしまった。

 

購入してすぐに強盗に襲われる

 

その男性(27歳)は11月28日、ニューヨークの5番街にあるアップルストアで、300個のiPhoneを購入。

 

それらを3つの袋に入れて店から出て、自分の車に戻ろうとしていたという。

 

しかし突然、彼のそばに車が急に止まり、2人組の男が降りてきて、iPhoneを渡すよう要求したそうだ。

 

男性が拒否すると、男らは彼の顔を殴りつけ、袋の1つを奪って逃走。結局男性は、125台のiPhone、9万5000ドル(約1300万円)分を奪われてしまったという。

 

スポンサーリンク

自分が経営する会社で販売

 

この男性は、いつも大量にデバイスを購入することから、アップルストアのスタッフにも良く知られた人物だったという。

 

また男性は、自分が経営する小さな会社で、アップル製品を販売していたそうだ。

 

現在、警察は強盗犯を追跡しており、情報を持っている人は名乗り出てほしいと呼びかけている。(了)

 

出典元:METRO:Man buys 300 iPhones from Apple Store but is robbed on his way to car(11/30)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top