Switch news

知っておきたい世界のニュース

ベースジャンパーが崖に激突し、地上へ落下、果たして男性の運命は?

ベースジャンパーが崖に激突し、地上へ落下、果たして男性の運命は?
Twitter/Lauren Steinbrecher

建物や崖などから飛び降りて滑空するベースジャンパーが、崖に激突し、落下していく様子がアメリカで撮影された。

 

開いたパラシュートが岩に激突

 

その事故が起きたのは11月26日、場所はユタ州の都市、モアブとされている。

 

この町の南西にあるケーン・クリーク・キャニオンは大きな峡谷になっており、そこでベースジャンパーの男性が崖から飛び降りたという。

 

しかし風に煽られたのか、パラシュートはやがて崖に激突。男性は地上へ落下していくも、奇跡的に岩にパラシュートが引っかかり、宙吊り状態となった。

 

スポンサーリンク

引っかかったのは奇跡的

 

この様子を目撃したミッチ・エドワーズさんによれば、あの崖には引っ掛かるものが本当に何もないため、パラシュートが引っ掛かったのは奇跡的だという。

 

また当時は、ベースジャンパーの意識があるのか、それともまだ生きているのかも分からず、崖の上にいた仲間たちも、どうやって助けたらいいのか、戸惑っている様子に見えたそうだ。

 

しかしその後、捜索救助隊が到着。隊員の1人が、指を掛ける場所の少ない崖を登っていき、ベースジャンパーの男性を別のロープにつないで地上に下ろしたという。

 

まだベースジャンパーの容体は明らかにされていない。また救助に2時間もかかったが、当時の状況ではさらに何時間もぶら下がり続けていた可能性もあったそうだ。(了)

 

出典元:KSLTV:Witness recounts ‘miraculous’ Moab rescue after BASE jumper crashes into cliff(11/30)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top