Switch news

知っておきたい世界のニュース

ワニの囲いの中に男性が引きずり込まれ死亡、生きたまま食べられる【カンボジア】

ワニの囲いの中に男性が引きずり込まれ死亡、生きたまま食べられる【カンボジア】
Twitteri/lkzirvetv

カンボジアで、男性が数多くのワニに殺される、凄惨な事件が起きた。

 

ワニを移動させようとして…

 

その事件が起きたのは、カンボジア北西部のリゾート地、シェムリアップとされている。

 

亡くなったのはルアン・ナムさん(72)だ。

 

先日、ルアンさんは産卵用のケージから、ワニを移動させようとしたが、持っていた棒が咬まれ、そのまま囲いの中に引きずり込まれたという。

 

ルアンさんは助けを求めて叫んだが、同僚たちは救い出すことができず、40頭のワニに生きたまま食べられたそうだ。

 

Twitter/Instablog9ja
Twitter/Insider News
Twitter/ilkzirvetv
スポンサーリンク

「死ぬまで襲いかかった」

 

その後、ルアンさんの遺体は家族によって回収されたが、体には深い噛み跡が残されていたという。

 

またワニは彼の腕と片足を食いちぎり、飲み込んでいたそうだ。

 

シェムリアップ警察のMev Savry署長は記者団に対し、次のように語っている。

 

「産卵用の檻からワニを追い出していたところ、ワニが棒を攻撃し、囲いの中に落下させた。その後、他のワニが襲いかかり、彼が死ぬまで襲いかかった」

 

これらのワニは、革製品や食用肉のために飼育されていたとされるが、同じカンボジアの町では2019年にも、ワニの飼育場に入った2歳の少女が死亡しているという。(了)

 

出典元:METRO:Cambodian man torn apart by 40 crocodiles after being dragged into enclosure(5/26)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top