Switch news

知っておきたい世界のニュース

米国レストランが始めたクッション付き一人円盤テーブルがユニーク

米国レストランが始めたクッション付き一人円盤テーブルがユニーク
Facebook/Fish Tales in Ocean City, MD

米国メリーランド州のレストランが、ロックダウン解除後の営業再開に備えて、ユニークなテーブルを導入した。ドーナツ型のそのテーブルは、十分な対人距離を取って飲食できるだけでなく、そのまま歩き回ることもできる。

 

浮き輪のようなクッションつき

 

メリーランド州では、これまで実施されていた新型コロナウイルス対策のロックダウンが、徐々に解除される方向にある。飲食店は現在デリバリーのみの営業だが、ソーシャルディスタンシングのルールを守った上での客席利用が、近々再開される見込みだ。

 

それに先駆けて、メリーランド州オーシャンシティのダイニングバー「Fish Tales」は、バンパーテーブルと呼ばれる変わった一人用テーブルを導入。スタッフが試しに使う様子を撮影し、Facebookで公開した。

 

Facebook/Fish Tales in Ocean City, MD

 

これを発案・製作した会社「Revolution Event Design and Production」も、デモンストレーション動画をアップしている。

 

Cheers to a new way to socialize at a distance! Bumper tables now available for rent or purchase – branded or unbranded. (https://bit.ly/bumpertables) So great to be able to finally debut these with Fish Tales in Ocean City, MD.

Revolution Event Design and Productionさんの投稿 2020年5月18日月曜日

 

「バンパーテーブル」という名称は、互いにぶつかり合って遊ぶ遊園地の一人乗りボート「パンパーボート」から来ているらしい。スチール製の足には車がついており、円形テーブルに飲み物などを載せたまま、自由に歩き回れる。誰かとぶつかっても、空気入りのチューブがクッションになってくれるので衝撃はない。

 

これを使えば、「1.8mの対人距離を保ちながら人との交流を楽しむことができる」と、店のオーナーであるShawn Harmonさんは言っている。

 

元々はイベント用に考えられたもの

 

発案・製作した「Revolution Event Design and Production」社は、イベント企画会社。「バンバーテーブル」は、人が集まって歩き回るイベント用に考えられたものだ。会社のオーナーであるErin Cermakさんは、海外メディアにこう話す。

 

「イベント関連の産業は(新型コロナウイルスで)大打撃を受けています。そこで、イベントのような人の集まる事業を、今の状況の中で何とか活性化させる方法はないかと考えました」

 

バンバーテーブルの使用は、州のガイドラインに定められたものではないが、現在多くの企業が興味を示し、問い合わせが来ているそうだ。(了)

 

出典元:CBS Baltimore:Ocean City Bar Buys ‘Bumper Tables’ For Socially Distant Dining(5/17)

出典元:UPI:Maryland restaurant unveils social distancing bumper tables(5/18)

Return Top