Switch news

知っておきたい世界のニュース

シューズブランドBuffalo Londonが、SNSの世界でしか履けないデジタルスニーカーを発売

シューズブランドBuffalo Londonが、SNSの世界でしか履けないデジタルスニーカーを発売
Instagram/dressxcom

有名なシューズブランド「Buffalo London(バッファローロンドン)」が、デジタルファッションの専門家集団「The Fabricant」とコラボして、新作のデジタルシューズを発売した。

 

デジタルファッションとは、具体的には、デジタルの世界にだけ存在する服、バッグ、アクセサリーなどのファッションアイテムを指す。新作のデジタルシューズも、販売されているが実物は存在せず、SNSにアップする写真の中だけで履けるというもの。

 

常に燃えている厚底スニーカー

 

「Buffalo London」といえば、90年代にスパイスガールズが履いて大流行した厚底スニーカーが有名だが、今回のデジタルシューズはそれをベースにしている。CGで再現されたスニーカーが、常に炎を上げて燃えているのが特徴だ。商品名は「Classic BurningFor」。

 

DRESSX
DRESSX

SNSの中で履く

 

色のバリエーションは2つ、青い炎と赤い炎がある。値段は1足30ドル(約3160円)。Buffalo Londonのサイトかデジタルファッション専門ストア「DRESS-X」で購入し、自分自身が写った写真を送ると、買ったスニーカーを履いているように合成してもらえる。それをSNSにアップして、友人たちに自慢できるというわけだ。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

DRESSX(@dressxcom)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

DRESSX(@dressxcom)がシェアした投稿

 

スニーカーのはめ込み合成は、The Fabricantのプロフェッショナルがやってくれる。その方法は「基本的にはフォトショップで3D画像を合成するのと同じですが、ライティングをはじめとした周囲の様々な環境を考慮した、はるかに複雑な処理プロセスです」と、同社のクリエイティブディレクターであるAmber Jae Slooten氏は言う。

 

既存のファッションブランドがデジタルのアイテムをデザインするのは、初めてではない。Gucci(グッチ)やMarc Jacobs(マーク・ジェイコブス)、Valentino(ヴァレンティノ)なども、キャンペーンの一環として、シミュレーションゲーム中でのみ着れる服や、靴、カバンなどを発表している。(了)

 

出典元:SPRING WISE:DIGITAL SHOES ADD FLAIR TO SOCIAL MEDIA FEEDS(2/4)

出典元:dezeen:Buffalo London sets platform trainers ablaze for first digital-only product release(1/28)

Return Top