Switch news

知っておきたい世界のニュース

カザフスタンで作られた巨大な氷の山、温泉が噴き出し凍った姿が話題に

カザフスタンで作られた巨大な氷の山、温泉が噴き出し凍った姿が話題に
Instagram/tengritravel.kz

カザフスタンの平原に巨大な氷の山(塔)が作られ、多くの観光客が訪れているという。

 

温泉から吹き出す水が凍る

 

その氷の山が作られたのは、カザフスタンの首都ヌルスルタン(旧アスタナ)から4時間ほど離れた、Kegan村とShrganak村の間とされている。

 

ここでは地下から温泉が噴き出している場所があり、湯水が地上へ出て凍りつき、巨大な氷の山が形作られたという。

 

この山の大きさは、なんと45フィート(約14m)。昨年も小さなものが作られたが、今年ははるかに大きく成長したそうだ。

 

また現地の人々によれば、今年氷の山は上部の開口部から絶えず温泉が吹き出しており、それが溶岩で満ちた火山からの煙のようにも見えるという。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Irina Mironova(@irina0328)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tengri Travel(@tengritravel.kz)がシェアした投稿

夏になると緑豊かな場所に

 

このエリアでは冬になり、大晦日になるとこのような氷の山が作られ、美しい景色が見られるそうだ。

 

ただし夏になると、このあたり一帯には一斉に草花が花開き、緑豊かな景色に覆われるという。

 

また2020年2月にはアメリカのミシガン湖でも、似たような構造のものが、気象学者によって発見されたそうだ。(了)

 

 

出典元:MailOnline:Stunning ‘ice volcano’ that stands 45 feet tall forms in Kazakhstan from underground springs that spout water which freezes almost instantly upon meeting the freezing air(2/8)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top