Switch news

知っておきたい世界のニュース

ダイソンが、空気清浄マスク付きヘッドフォンを発売

ダイソンが、空気清浄マスク付きヘッドフォンを発売
Dyson

ダイソンが、空気清浄機を組み込んだ、ノイズキャンセリングヘッドフォンを発売する。汚れた空気と騒音の中で暮らす都市生活者のために、というコンセプトらしい。

 

埃、花粉、ウイルスをシャットアウト

 

この斬新なヘッドフォンの商品名は「Dyson Zone」。鼻と口を覆うマスク型の装置が特徴的だ。この部分に、フィルターで濾過されたきれいな空気が流れるようになっている。装置を取り外して、ヘッドフォンのみで使うこともできる。

 

Dyson

 

空気の取り込み口は、ヘッドフォンの耳の部分にある。ここにファンが付いていて、外気を入れるようになっている。取り込まれた外気はフィルターを通過し、マスク型の装置へと送られる。

 

Dysonによれば、フィルターで0.1ミクロンより大きなもの(花粉、塵、バクテリア、ウイルスなど)を99%除去できるとのこと。また、フィルターにはカリウムを多く含んだ炭素の層が挟まれており、これが二酸化窒素や二酸化硫黄といった大気汚染物質を吸着するという。フィルターは12ヶ月ごとに交換が必要だ。

 

浄化された空気は、マスク型装置の鼻と口の部分から出てくる。普通のマスクは鼻や口に直に触れるが、この装置はわずかな隙間があるので接触しないそう。

 

ヘッドフォンには、外界のノイズ(バックグラウンドノイズ)を減衰させるアクティブ・ノイズ·キャンセリング機能が搭載されている。街中の騒音に邪魔されることなく、音楽を楽しめるというわけだ。

 

ヘッドフォンの操作や、空気清浄機の空気量調節などは、専用アプリで行う。今いる場所の空気の汚染状況も、アプリが教えてくれるとのこと。

 

スポンサーリンク

アメリカ、イギリス、アイルランド、香港、シンガポールで3月発売

 

DysonのチーフエンジニアであるJake Dyson氏はこう言う。

 

「Dyson Zoneは、あなたが移動中に吸う空気を浄化します。普通のマスクと違い、顔の肌に触れることなく、高性能フィルターと2つのエア・ポンプで清浄な空気を送ります」

 

中国ではすでに1月から先行販売されているとのこと。来年3月から、アメリカ、イギリス、アイルランド、香港、シンガポールで本格的に販売が開始される。(了)

 

出典元:MailOnline:Would YOU wear them? Dyson’s bizarre Zone headphones with a built-in air purification system will go on sale in March – with an eye-watering price tag(12/8)

出典元:Dyson Newsroom:Dyson Confirms 2022 Launch of Purifying Headphones Delivering Pure Air and Pure Audio

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top