Switch news

豪の民家に大きな2匹のニシキヘビ、合わせて40kgの巨体で天井を壊す

豪の民家に大きな2匹のニシキヘビ、合わせて40kgの巨体で天井を壊す
Facebook/Cairns Snake Catcher

オーストラリアの民家の天井に、大きな2匹のヘビが住み着いていたとして、その後捕獲された。

 

天井が壊れているのに住民が気づく

 

そのヘビがいたのは、クイーンズランド州北部の街、ケアンズにある民家だという。

 

家に住む夫婦がある日、天井が壊れていることに気づき、すぐに通報。捕獲業者「Cairns Snake Catcher」のMatt Haganさんが現場に駆けつけた。

 

Haganさんが調査したところ、天井裏に2匹の大きなヤブニシキヘビを確認。屋根の一部を取り除こうとしたが、すでに天井が崩れかかっており、結局そこから2匹が床に落ち、そのまま捕獲するのに成功した。

 

Jason Legg and Matt Hagan from Cairns Snake Catcher with a pair of scrub pythons extracted from a roof in Cairns

Cairns Snake Catcherさんの投稿 2019年7月27日土曜日

Matt Hagan from Cairns Snake Catcher with a 5m scrub python removed from a ceiling in Whiterock.

Cairns Snake Catcherさんの投稿 2019年7月27日土曜日

Jason Legg and Matt Hagan from Cairns Snake Catcher

Cairns Snake Catcherさんの投稿 2019年7月27日土曜日

2匹合わせて体重は40kgもあった

 

このヘビの長さはそれぞれ約5m。2匹はつがいで、重さが合わせて40kgにも及んだという。

 

そもそもオーストラリアでは7月から9月の後半にかけて、ヘビの繁殖シーズンを迎えると言われている。

 

その期間はヘビが建物の中に忍び込んでは、構造にダメージを与えることがあるそうだ。特にメスを巡ってオス同士が争うことで、建物の一部が破損することが多いとか。

 

そして建物のすぐ近くに木がある場合、それがヘビにとってのレッドカーペットになり、建物の内部に入りやすくなるという。

 

このためHaganさんは、ヘビの侵入を防ぐには、雨樋をガードするものを使用したほうがいいと勧めている。

 

まさかヘビが天井の一部を壊すとは、住んでいた夫婦もきっと驚いたにちがいない。(了)

 

 

出典元:MailOnline:‘Breeding season is off with a BANG’: Couple’s ceiling collapses under the weight of two amorous snakes mating in the roof of their house(7/28)

出典元:Mirror:Couple’s ceiling collapses under the weight of two enormous snakes mating(7/28)

Return Top