Switch news

ブラジルで水中に潜む巨大アナコンダと遭遇、一部始終をカメラがとらえた

ブラジルで水中に潜む巨大アナコンダと遭遇、一部始終をカメラがとらえた
YouTube/Bartolomeo Bove

ブラジルの川の中で、大きなアナコンダと遭遇する驚きの映像が撮影された。

 

7mの「グリーン・アナコンダ」に遭遇

 

この動画を撮影したのは、プロの水中カメラマン(ビデオグラファー)であるBartolomeo Boveさんだ。

 

彼は今年の7月、ブラジルのマト・グロッソ・ド・スル州、ボニート市付近にあるFormoso川へ潜って撮影していたところ、巨大な「グリーン・アナコンダ」に遭遇したという。

 

このアナコンダの大きさは約7m、体重は90kgはあったと考えられており、当時は川底に横たわっていたそうだ。

 

YouTube/Bartolomeo Bove

冬の間、多くの時間を水の中で過ごす

 

やがてアナコンダは鱗に覆われた白いお腹を見せながら、少しずつ後退。Boveさんから離れていこうとしたという。

 

しかしBoveさんは、なんとアナコンダを追跡。さらに接近し、カメラに興味を示すようなアナコンダの様子まで撮影した。それがこちら。

 

 

Boveさんによれば、このボニート・エリアにある川や水域は、南米でもアナコンダを水中で見ることができる唯一の場所だという。

 

またアナコンダは7月の終わりから8月に初めにかけて冬眠から目覚めるため、撮影には絶好の時期だったそうだ。

 

そもそも川の水温は一年を通して22℃から24℃で、冬の間は水温よりも気温が冷たくなるため、アナコンダは多くの時間を水の中で過ごすという。

 

アナコンダの撮影が目的だったとは言え、こんな巨大なヘビを前にして撮影を続けるとは、相当な勇気が必要に違いない。(了)

 

 

出典元:MailOnline:Snakes alive! Terrifying moment diver comes face to face with 23FT-LONG anaconda weighing in at 200lb(9/13)

Return Top