Switch news

知っておきたい世界のニュース

東京や神奈川上空で綺麗な虹色の雲、「環水平アーク」が出現、台湾でも目撃

東京や神奈川上空で綺麗な虹色の雲、「環水平アーク」が出現、台湾でも目撃
Twitter/weathernews

26日の午前、関東の上空で虹色のきれいな雲が出現し、多くの写真などがツイッターに投稿されている。

 

氷の粒でできた薄い雲

 

ウェザーニュースによれば、東京や神奈川の南の空で、ひょろひょろとした細長い雲が、虹色に輝いているのが目撃されたという。

 

この現象は「環水平アーク」と呼ばれ、氷の粒で出来た薄い雲によって太陽光が屈折することで虹色に見えるという。

 

この雲は高いところにあるため、水滴ではなく小さな氷の粒が浮かんでいる状態。この氷がプリズムの役割をして、色が分かれているそうだ。ツイッターにも目撃者の写真などが多く投稿されている。

 

 

下は「ⓂⓄⒺⓅⒾ(@moni525gf)」さんの写真。青空を背景に雲が鮮やかに輝いている。

 

Twitter/ⓂⓄⒺⓅⒾ/@moni525gf
Twitter/ⓂⓄⒺⓅⒾ/@moni525gf

台湾でも先日、虹色の雲が出現

 

実はこのような虹色の雲は先日、台湾にも現れ、目撃されているという。

 

それが現れたのは6月14日、場所は台湾北部にある宜蘭県の上空とされている。

 

下の写真はLanyang博物館員の女性、陳碧琳さんが撮影し、その後フェイスブック・ページに投稿したもの。

 

 

これらの写真は陳さんのモバイルフォンと、ドローンで撮影されたという。時間は午後5時ごろだったそうだ。(ただしこれは、彩雲とみられている)

 

ウェザーニュースによれば、通常虹は太陽の反対側にできるが、「環水平アーク」は太陽と同じ方向、少し低い位置にできるという。

 

太陽が高い位置にある時にしか見えないため、冬場にはあまり目撃する機会がないそうだ。(了)

 

 

出典元:ウェザーニュース:東京上空に虹色の雲「環水平アーク」が出現中(6/26)

出典元:Taiwan News:Rare iridescent cloud appears in NE Taiwan(6/17)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top