Switch news

知っておきたい世界のニュース

這い回る蘭の花に、ネットユーザー唖然

這い回る蘭の花に、ネットユーザー唖然
Twitter/Susanta Nanda IFS@susantananda3

世界各地から投稿が集まるネットには、日本で見ることのできない動植物で溢れている。不思議なもの、奇怪なもの、美しいもの……そんな実例の数々に、また一つ面白いものが加わった。インド森林局に勤めるSusanta Nandaさんによる動画投稿だ。

 

花? 虫?

 

ツイッターに投稿されたその動画の最初は、緑の葉の上にピンク色の花が載っている……ように見える。ところが、この花、モゾモゾと動いているような感じなのだ。投稿文にはこう書かれている。

 

歩く蘭の花

これはOrchid Mantisという虫。インドの西ガーツ山脈で見ることができる。自然の驚異…

 

 

この動画は、投稿後わずか数時間で6000回以上視聴され、約1000の「いいね」が寄せられた。

 

見た人の多くが、これほど美しく不思議な虫が存在することに驚いている。例えばこんな感想がある。

 

神様は人間のイマジネーションや空想を超えるものを作った。——To Swami Vivekananda,Netaji Bose,INA

 

ワンダフル! 自然とは不思議なものだ。——ramesh kumar pattar

 

45才という年齢になって、こんなに美しい虫を初めて見た。動画をシェアしてくれてありがとう。——samiksha sinha

 

ハナカマキリ

 

花そっくりのこの虫「Orchid Mantis」は、直訳すれば「蘭カマキリ」だが、日本ではハナカマキリと訳されている(学名はHymenopus coronatus)。ウイキペディアによれば、蘭の花に擬態するので「ランハナカマキリ」(蘭花蟷螂)と呼ばれる事もあるそうだ。

 

Wikimedia Commons

 

ピンクの蘭の花そっくりになるのは、幼虫の一時期だけ。生まれたばかりの時は赤黒いカメムシのような体で、脱皮するにつれ薄ピンクの花に似てくるとのこと。成虫になると体色は白になる。成虫の大きさはメスが体長7cm前後、オスは3.5cmほど。

 

Wikipedia/Hymenopus coronatus

 

白くなった成虫も、白い蘭の花に紛れてしまうと見分けがつかない。(了)

 

出典元:HindustanTimes:Insect or flower? Oddly beautiful Orchid Mantis leaves netizens baffled. Watch(7/13)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top