Switch news

知っておきたい世界のニュース

フロリダ州で男性が池でワニと格闘、食べられそうな子犬を救出

フロリダ州で男性が池でワニと格闘、食べられそうな子犬を救出
Twitter/juan vidal

アメリカのフロリダ州で、ワニに食べられそうな子犬を救う男性の姿が撮影され、その映像が注目を集めている。

 

急いで池に入りワニと格闘

 

その男性とは、フロリダ州の街、Esteroに住むRichard Wilbanksさん(74)だ。

 

彼は先日、飼っている生後3カ月の子犬「Gunner」が、家の近くの池でワニに食べられそうになっているのを目撃。急いで池の中に入ったという。

 

そして水中でワニを捕まえ、顎をこじ開け、「Gunner」を救出。その後、子犬は安全な場所へ避難したという。その時の様子がこちら。

 

子犬や男性にも大きなケガはなし

 

Wilbanksさんによれば、ワニはミサイルのように飛び出てきて、そのスピードは驚くほど速かったという。

 

またWilbanksさんはワニに両手を咬まれたものの、大きなケガを負ってはいないらしく、子犬も小さな裂傷を負ったものの問題なく、その後動物病院へ運ばれ、チェックを受けたそうだ。

 

「ワニは自然の一部だ」

 

この動画は、フロリダ州の野生動物保護団体「Florida Wildlife Federation 」と「 fStop Foundation」とが共同で設置したカメラに収められていたという。

 

このカメラは付近の住人に、近くに住む野生生物の生息地について教えるため、人間の住居と野生動物のスペースとが交差するエリアに配置されているそうだ。

 

これは、ワニのような動物が人やペットとの共有スペースに住む時に発生する、衝突の可能性を回避するためとされている。

 

Wilbanksさんもこの考え方に共感しており、今回の事件の後の取材でも「池からワニを取り除いたり、駆除したりして欲しくはない。なぜならワニも自然の一部であり、私たちの生活の一部なのだから」と述べている。(了)

 

 

出典元:Yahoo News:Florida Man Saves Puppy from Alligator(11/23)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top