Switch news

知っておきたい世界のニュース

【タイ】水に浸かりながら食べるお店、お客が集まり人気スポットに

【タイ】水に浸かりながら食べるお店、お客が集まり人気スポットに
YouTube/VOA News

タイに、水に浸かりながら食事をするお店があり、多くのお客で賑わっているという。

 

面白がって人々が集まる

 

そのお店とは、首都バンコクの近郊、ノンタブリーにある「チャオプラヤ・アンティーク・カフェ」だ。

 

ここは川のそばにあり、今年の2月にオープンしたばかり。しかし最近の激しい熱帯低気圧とモンスーンの大雨の影響で、川の水位が上昇。さらに潮の干満もあるため、店に水が押し寄せるのが常態化してしまったという。

 

そこで店主は「ホットポット・サーフィン」だとして宣伝。するとメディアでも紹介され、人々が面白がって、水に浸りながらも食べにくるようになったそうだ。

 

波が来る場合は立たなければならない

 

実際に、テーブルはお客で埋まり、利用者も「このような食事をすることはめったにありません。2011年の大洪水以来、10年ぶりのことです。だから試してみたかったんです」と述べている。

 

しかし15分に1回の割合で船が通過すると、波が押し寄せる。人々はそれを楽しむのだが、食べるのを中断し、席を立って濡れないようにしなければならない。また浮いてしまう椅子なども押さえなければならないようだ。

 

この店のオーナーである、テレビ司会者Titiporn Jutimanon氏は、次のように述べている。

 

「お客さんの反応がとてもよかったのです。喜んでくれました。水の中で食事をすることを楽しんでいるお客さまの雰囲気を、見ることができました。危機が好機に変わったのですね」(了)

 

出典元:ABC.net:Flooded Thailand restaurant making waves with hungry locals looking for a difference(10/8)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top