Switch news

知っておきたい世界のニュース

アフリカで、初めての短足キリンが発見される

アフリカで、初めての短足キリンが発見される
YouTube/Giraffe Conservation Foundation

キリンはキリンだけど、よく見るとどこかヘン。首の長さは普通だが、足が短いという珍しいキリンが2頭、アフリカの2つの国で発見された。

 

野生動物保護団体の調査チームが発見

 

2頭を発見したのは、野生キリンを保護する団体「Giraffe Conservation Foundation」の調査チーム。アフリカの野生キリンの個体数を調査していたところ、ウガンダ共和国とナミビア共和国で、通常より足の短い個体をそれぞれ1頭ずつ発見した。

 

Giraffe Conservation Foundation

 

同団体が発表した論文によれば、写真データから前足の骨の長さを算出したところ、橈骨(とうこつ)と中手骨(ちゅうしゅこつ)が確かに普通より短いと確認できたという。一方、首の長さは普通のキリンと変わらなかった。

 

Giraffe Conservation Foundation

 

また、普通のキリンは体高が少なくとも4.5メートルほどあるが、この2頭は足が短い分だけ低く、それぞれ2.6メートルと2.8メートルほどだったという。

 

この原因は何らかの骨格形成異常と考えられるが、それ以上のことは分かっていない。

 

世界初の発見

 

動物関連の学会に、これまで短足のキリンが報告されたことはないそうだ。今回の2頭は世界初の発見といえる。その時の興奮を、調査チームのMichael Brown氏がメディアにこう話している。

 

このキリンを最初に見た時の我々の気持ちは、「信じられない」というものでした。この2頭は、群れの他のキリンとは明らかに違っていました。ウガンダでは、ウガンダ政府当局の監視員と一緒に調査していましたが、彼も私も自分の目で見ていることが信じられず、互いに顔を見合わせて現実であることを確認したほどです。

 

これまでに学術的な記録が全くないため、短足キリンが今後どうなるかは全く分からないそう。キリンにとって、敵の肉食獣から逃げたり、反撃したりするのに長い足は重要だ。短足であることは生き残るのに不利だろう、とBrown氏は言う。また、この2頭は雄なのだが、足が短いと交尾にも不都合で、子孫を残すのも難しいらしい。

 

(了)

 

出典元:Giraffe Conservation Foundation:DWARF GIRAFFE ‘SPOTTED’ IN NAMIBIA AND UGANDA(1/9)

出典元:boredpanda:For The First Time Ever, Scientists Discover Dwarf Giraffes Standing At Just 9 Ft In Namibia And Uganda(1/13)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top