Switch news

知っておきたい世界のニュース

米の動物園で生まれたサルの赤ちゃん、気持ちよくお風呂に入る姿が可愛い

米の動物園で生まれたサルの赤ちゃん、気持ちよくお風呂に入る姿が可愛い
Instagram/philadelphiazoo

アメリカの動物園で、サルの赤ちゃんが生まれ、気持ちよさそうにお風呂に入っている可愛い動画が撮影された。

 

昨年の12月にサルの赤ちゃんが誕生

 

その動物園とは、ペンシルベニア州にある「フィラデルフィア動物園」だ。

 

ここでは昨年12月13日、「フランソワルトン(François’ langur monkey)」と呼ばれるサルのメスの赤ちゃんが誕生。ベトナム語で「貴重」を意味する「Qúy Báu」という名前が付けられた。

 

そして先日、「Qúy Báu」が気持ちよくお風呂に入ったり、ドライヤーで乾かされたり、ミルクを飲んだりする、可愛い様子が撮影された。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Philadelphia Zoo(@philadelphiazoo)がシェアした投稿

最初は育児放棄されてしまう

 

「フィラデルフィア動物園」によれば、「Qúy Báu」は母親の「Mei Mei」と父親の「Chester」との間に生まれた初めての子供だという。

 

また「Qúy Báu」は、この動物園で生まれた「フランソワルトン」の最初の赤ちゃんでもある。

 

しかし生まれたばかりの頃、母親の「Mei Mei」は娘のそばに付き添わず、育児放棄のような状態になっていたそうだ。

 

ただ初めて子供を出産する母親には、このようなことは決して珍しくないとか。

 

このため動物園のスタッフが「Qúy Báu」をお風呂に入れて体をきれいにし、また食事も与えてきたという。

 

そして今では、母親と「Qúy Báu」は絆を取り戻し、家族仲良く暮らしているそうだ。(了)

 

 

出典元:MailOnline:Time for a scrub! Quy Bau the monkey enjoys a refreshing bath after being born in captivity(1/18)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top