Switch news

知っておきたい世界のニュース

高校の校舎に、死んだサメが吊るされる【アメリカ】

高校の校舎に、死んだサメが吊るされる【アメリカ】
Twitter/Marilyn Parker

アメリカの高校に、本物の死んだサメが吊るされているのが見つかり、現在捜査が進められている。

 

校舎の階段に吊るされていた

 

そのサメが見つかったのは5月5日、場所はフロリダ州のセントジョンズ郡にある、ポンテ・ベドラ高校だという。

 

サメは高校の階段にある屋根に吊るされており、その後、フロリダ州魚類野生生物保護委員会が調査を始めたそうだ。

 

この学校のマスコットはサメになっているが、フロリダ州では、20数種類のサメを捕獲することは違法とされている。

 

スポンサーリンク

生徒5人のいたずらか?

 

その後の調査で、このサメは5月3日の夜に捕獲され、その後内臓を取り除かれた後に、冷凍庫に保管されたという。

 

そして5月4日、ポンテ・ベドラ高校の生徒ら5人が、2本のケーブルを使って、このサメを学校に吊るしたそうだ。

 

当時の様子は、学校の監視カメラにも記録されており、映像はセントジョンズ郡保安官事務所に引き渡された。

 

サメはその後、学校の職員によって引き下ろされ、処分されたという。

 

この出来事はSNS上でも非難を浴びており、「無計画で命を無駄にしている」と非難の声がある一方、「動物虐待にあたる」という声も寄せられたとか。

 

この学校では5月19日が最上級生にとって最後の日であり、卒業式は5月28日に行われる予定となっている。(了)

 

出典元:Miami Herald:Large dead shark hanging from rafters of Florida high school prompts investigation(5/5)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

Return Top