Switch news

知っておきたい世界のニュース

カナダで釣れた「生ける恐竜」に驚き

カナダで釣れた「生ける恐竜」に驚き
TikTok/yvesbissonsturgeonco

カナダの大河で釣り上げられた特大級のチョウザメ。古代魚であるチョウザメは、「生ける恐竜」という異名を持っているが、ここまで大きいと、まさに恐竜だ。動画がTikTokに投稿されている。

 

チョウザメ釣りのベテランもびっくり

 

海外メディアによれば、釣ったのはカナダでフィッシングガイドをやっているYves Bissonさんという人。チョウザメ釣りが専門で、ガイドとしては20年の経験が、そして、自分自身でも2万2000匹を超えるチョウザメを釣った経験があるという。

 

そんな大ベテランの彼が友人を連れ、ブリティッシュコロンビア州のフレーザー川で釣りを楽しんでいたところ、目を疑うような大物がかかった。

 

「何とか引き上げようと奮闘している間、そいつは2回ジャンプして水上に姿を見せました。僕たちは思わず顔を見合わせましたよ。あまりの巨大さに目を疑ったんです」とBissonさんはメディアに話す。

 

彼の目測では体長10.5フィート(約3.2m)、重さは500〜600ポンド(約226〜272kg)くらいだったという。

 

純粋に楽しみのために釣りをしていた彼らは、いったん船の上に釣り上げた後、魚を逃がした。その時に撮ったのが下の動画だ。

 

@yvesbissonsturgeonco One of the largest I’ve ever seen 🐟 #giant #fish #monster #sturgeon #unbelievable #lovetofish #fyp #fishwithyves #bucketlist #fraserriver #guidelife ♬ Forever – Labrinth

スポンサーリンク

古生代から生き続ける古代魚

 

その卵がキャビアとして知られるチョウザメは、古生代から絶滅せずに生き残っている、いわゆる古代魚の1種。チョウ「ザメ」という名が付いているが、形が似ているだけで、サメではない(Wikipedia)。

 

Bissonさんによれば、「チョウザメは世界一強靭な淡水魚」で「ほぼ死ぬことがない」のだそう。釣り上げられて死ぬのはわずか0.012%であることが、追跡調査のデータで証明されているとのこと。

 

TikTok/yvesbissonsturgeonco

 

動画に映っているチョウザメは100歳近くになっている、とベテランのBissonさんは見積もる。そして、逃がしてからも「あと100年は生きるに違いない」と言う。(了)

 

出典元:New York Post:Brilliant moment shocked fisherman reels in 11-foot ‘living dinosaur’(3/18)

出典元:Wikipedia:チョウザメ科

出典元:Wikipedia:古代魚

出典元:Wikipedia:フレーザー川

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top