Switch news

知っておきたい世界のニュース

米のフェスティバルで巨大なつむじ風が発生、恐れず接近する女性を撮影

米のフェスティバルで巨大なつむじ風が発生、恐れず接近する女性を撮影
Twitter/Now This

アメリカで行われたフェスティバルで、大きな旋風が発生し、それに人が近寄ろうとする恐ろしい様子が撮影された。

 

自らつむじ風に接近する女性

 

その様子が撮影されたのは、ネバダ州ガーラックにあるブラックロック砂漠とされている。

 

ここでは9月2日に、「バーニングマン」と呼ばれるフェスティバルが開催されていたという。

 

その時、突然巨大なつむじ風(ダストストーム)が発生。撮影された動画には、そのつむじ風から逃げようとせず、むしろ近づいていこうとするような女性の姿が映っていた。

 

スポンサーリンク

近づこうとした人にケガはなし

 

動画には映っていないが、幸いなことにつむじ風は離れ、追っていた人物にケガはなかったという。

 

このつむじ風(ダストストーム)は、「バーニングマン」ではお馴染みだが、今年はアメリカ西海岸の過度の熱波により、悪化しているそうだ。

 

バーニングマンというフェスティバルは毎年行われ、8月の最終週から約1週間にわたって開催される。

 

これに参加する人々は、電気や水道もない環境の中で、お互いに助け合い、コミュニティを形成するそうだ。

 

一方で、敷地内にはさまざまなアートも展示され、キャンプ地ごとに私設のバーやお店なども存在し、そこでは見知らぬ人々が談笑して過ごすとか。

 

また会場の中心には象徴的な「ザ・マン」と呼ばれる巨大なアートが設置され、祭りのクライマックスになると燃やされるという。(了)

 

出典元:NYPost:Daredevil braves mother of all dust devils at Burning Man: ‘Not fun’(9/9)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top