Switch news

知っておきたい世界のニュース

カワセミの足が凍ったパイプに貼りついて飛べず、人に助けられる動画にほっこりする

カワセミの足が凍ったパイプに貼りついて飛べず、人に助けられる動画にほっこりする
Twitter/Raveena Tandon@TandonRaveena

うっかり鉄パイプにとまったカワセミ。飛び立てなくなってしまったが、通りかかった優しい人の手の温もりに救われるーーこんな動画が投稿され、4.3万件の「いいね」が付いている。

 

パイプに足が凍りついたカワセミ

 

その動画は、インドの女優Raveena Tandonさんが1月12日に投稿したもの。映っているのは、川沿いの柵の鉄パイプにとまったカワセミだ。

 

その鳥は飛び立とうと羽ばたいているが、足がパイプから離れない。氷点下にまで冷えたパイプに、凍った足が貼りついてしまったのだ。

 

動画の撮影者はその足を手で包み、温めてやる。しばらくすると足はパイプから離れ、自由になったカワセミは撮影者の手から飛び去って行く。

 

 

投稿したTandonさんは、「カワセミの足が凍ったパイプにくっついた。温かい心の持ち主が、温かい手でそれを逃がした」とコメントしている。撮影者はTandonさんでなく、撮影場所も不明だ。中国語らしき音声が聴こえるので、中国で撮影されたものかもしれない。

 

スポンサーリンク

回転するカワセミの頭

 

ところで、動画を見て、カワセミの頭がくるくる回転しているのに驚いた人もいるだろう。

 

このことについて、インド森林サービスの職員であるRamesh Pandeyさんという人が、動画をシェアしつつ次のように解説してくれている。

 

もう一つ興味深い事がある。カワセミの目は、フクロウと同じく、眼窩の中で固定されている。なので、周りを見るのに頭そのものを回さなければならない。可哀想なカワセミの頭が、不安でくるくる回っていのが分かるだろう。しかし、思いやりと温かさのおかげで、最後には安心している。——Ramesh Pandey@rameshpandeyifs

 

動画を見た人たちからは、カワセミを助けた男性を讃えるコメントが多く寄せられている。(了)

 

出典元:The IndianExpress:Kingfisher stuck on frozen pipe flies to freedom, netizens shower praise on passerby(1/14)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top