Switch news

知っておきたい世界のニュース

英首相、ロックダウン中に自身の誕生パーティーに出席していたことが判明

英首相、ロックダウン中に自身の誕生パーティーに出席していたことが判明
Twitter/Boris Johnson

以前、ロックダウン中に首相官邸内で誕生パーティーが開かれ、ボリス・ジョンソン首相が出席していたことが明らかとなった。

 

ジョンソン首相の誕生パーティー

 

ITVニュースによれば、首相官邸内でジョンソン首相の誕生パーティーが開かれたのは、2020年の6月になるという。

 

当時はまだ新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるためロックダウンが実施されており、屋内で2人以上が集まることは禁止されていたそうだ。

 

しかし首相官邸内で開かれた誕生パーティーには官邸のスタッフ30人が出席。ジョンソン首相も招かれ、そこでは誕生日の歌が歌われ、ケーキも出されたという。

 

スポンサーリンク

「10分弱しかいなかった」

 

首相官邸側もこの事実を認めているが、当時スタッフは短い時間しか集まらなかったとし、「ジョンソン首相は、その場に10分弱しかいなかった」と主張している。

 

ITVニュースによれば、誕生日パーティーは2020年6月19日の午後2時、閣議室で行われたという。

 

当時、ジョンソン首相はHertfordshireにある学校を視察しており、誕生日パーティーは首相が視察から帰った後にサプライズとして行われたそうだ。

 

スポンサーリンク

パーティーの後も家族が集まる

 

またその日の晩には、家族や友人も首相官邸でもてなされたと報告されている。

 

しかし、この夜のことについて、首相官邸のスポークスマンは否定。「これは完全に真実ではありません。当時の規則にのっとり、首相は少数の家族を外でもてなしました」と述べている。

 

関係筋によれば、この2回目の集まりでは、ジョンソン首相の家族たちが首相官邸の庭でバーベキューを行ったという。

 

スポンサーリンク

誕生パーティーは婚約者が企画か?

 

また閣議室で催された誕生パーティーでは、当時ジョンソン首相の婚約者だったCarrie Symondsさんがケーキを準備し、夫妻のダウニング街のアパートを改装したインテリアデザイナー、Lulu Lytleさんとともに出席したそうだ。

 

しかも誕生パーティーでは、サンドイッチやピクニック料理も用意され、最大30人が出席する中で、ソーシャルディスタンスについての議論はなかったという。

 

環境大臣は集まった人数を否定

 

一方で、George Eustice環境大臣は取材に対し、30人が閣議室に集まったことを否定。出席したスタッフの数は「10人に近い」とし、次のように述べたという。

 

「私の理解では、文字通り、一日の終わりにバースデーケーキが運ばれてきただけです。調査中のもっと深刻な疑惑がそうであるように、それが本当のパーティーと言えるとは思えません」

 

ジョンソン首相は以前もロックダウン中に、官邸のスタッフとパーティーを行い批判されていたが、果たして今回の誕生パーティーの真実はどうなのだろうか?(了)

 

出典元:ITV:Boris Johnson had birthday bash during lockdown, ITV News understands(1/24)

出典元:BBC:PM birthday event was held in No 10 during lockdown(1/24)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top