Switch news

知っておきたい世界のニュース

米・バイデン大統領、一般教書演説でウクライナの人々の勇気を称賛

米・バイデン大統領、一般教書演説でウクライナの人々の勇気を称賛
flickr_Gage Skidmore

アメリカのジョー・バイデン大統領は3月1日(現地時間)、連邦議会議事堂で就任後初の一般教書演説を行い、ロシアのウクライナへの侵略を痛烈に批判した。

 

自由は常に専制政治に勝利する

 

バイデン大統領はロシアのウクライナ侵略に触れ、「自由は常に専制政治に勝利する」とし、次のように述べた。

 

6 日前、ロシアのウラジーミル・プーチンは、自由世界の根幹を揺るがそうとし、自分の威嚇的なやり方で捻じ曲げることができると考えた。しかし、彼は大きな誤算を犯した。

彼はウクライナに乗り込めば、世界がひっくり返ると考えたのだ。その代わりに、彼は想像もしなかった強さの壁に突き当たった。

彼はウクライナの人々に突き当たったのです。

ゼレンスキー大統領からすべてのウクライナ人、彼らの大胆不敵さ、勇気、決意は、世界に影響を与えている。

戦車を体当たりで阻止する市民グループ。学生から退職した教師まで、誰もが祖国を守る兵士になった。

私たちは歴史を通して学んできた、独裁者が侵略の代償を払わない場合、さらなる混乱を引き起こすという教訓を。それらは今も生き続けている。

プーチンのウクライナに対する最新の攻撃は、前もって計画されたものであり、いわれのないものだった。

彼は繰り返し、外交による努力を拒絶した。(侵攻により)西側諸国とNATOが反応しないと思ったのだろう。そして私たちを分裂させられると考えた。

プーチンは間違っていた。我々には準備ができていた。これが私たちのしたことだ。我々は広範かつ慎重に準備していた。

スポンサーリンク

ロシア大統領の責任を追及する

 

バイデン大統領はその後、自由世界はロシア大統領の責任を追及すると述べた。

 

我々はロシアに痛みを与え、ウクライナの人々を支援している。プーチンは今、かつてないほど世界から孤立している。

プーチンは暴力と混沌を解き放った。彼は戦場で利益を得るかもしれないが、長期的には継続的に高い代償を払うことになる。

この時代の歴史が書かれる時、プーチンのウクライナ戦争はロシアを弱くし、世界の国々を強くすることになるだろう。

民主主義と独裁主義の戦いでは、民主主義国が台頭し、世界は明らかに平和と安全の側を選んでいる。

これは本当の試練です。時間がかかるでしょう。だから、私たちはウクライナの人々の鉄の意志からインスピレーションを受け続けよう。

プーチンが戦車でキエフを一周しても、ウクライナの人々の心や魂を手に入れることはできない。

彼(プーチン)は決して、自由への愛を消すことはできない。彼は決して自由な世界の決意を弱めることはないだろう。

スポンサーリンク

ロシアの富裕層も追及

 

またバイデン大統領は、ロシア政治に影響力を持つ新興財閥・富裕層(オリガルヒ)らに対しても言及。

 

アメリカ司法省が、ロシアのオリガルヒの犯罪を追及するための専門のタスクフォースを編成しているとした。

 

そして現在、ヨーロッパの同盟国とともに、オリガルヒのヨットや高級マンション、プライベートジェット機を見つけ出し、押収しているという。(了)

 

出典元:The Guardian:Key port of Mariupol under siege as IMF and World Bank pledge $3bn for Ukraine – as it happened(3/1)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

Return Top