Switch news

知っておきたい世界のニュース

ウクライナ大使館が日本人に感謝のツイート、6万人以上が寄付し20億円が集まる

ウクライナ大使館が日本人に感謝のツイート、6万人以上が寄付し20億円が集まる
Twitter/在日ウクライナ大使館

ウクライナ大使館は3月1日、支援の寄付をしてくれた多くの日本人に感謝のメッセージをツイートした。

 

「日本の友人の方々に心から感謝しています」

 

そのツイートによれば、ウクライナへの人道支援のために特別銀行口座を開設して以来、6万人以上の日本人が、ロシア侵攻による被害者のために寄付してくれたという。

 

その結果、3月1日時点で、寄付金が合計20億円以上集まったとし、感謝の意を述べた。

 

現在、在日ウクライナ大使館が、ウクライナの外務省とこの寄付金の譲渡方法などを調整していると報告。「日本の友人の方々に心から感謝しています」と述べた。

 

スポンサーリンク

英メディアも日本人の支援を伝える

 

このツイッターは3.2万件もリツートされ、13.2万件の「いいね」が寄せられている。またコメント欄にも、多くの人々が寄付したことを示す写真と共に、ウクライナへの励ましのメッセージを寄せている。また日本に住んでいる多くの外国人も寄付している。

 

 

このニュースは、イギリスのメディア「The Guardian」も伝えている。

 

その記事では、楽天CEOの三木谷氏が個人的にウクライナ政府へ10億円寄付したことや、楽天グループが立ち上げた「ウクライナ人道危機緊急支援募金」にも多くの寄付がされたこと、X JapanのYoshikiさんも1000万円を寄付したことが紹介されている。

 

The Guardian

 

またウクライナのゼレンスキー大統領は、2月27日に外国人部隊を編成するとし、在日ウクライナ大使館も「義勇兵」を募集したが、昨日までに約70人の日本人が応募したという。

 

応募した人のうち最も多かったのが、元自衛官だったと言われている。(了)

 

出典元:The Guardian:Key port of Mariupol under siege as IMF and World Bank pledge $3bn for Ukraine – as it happened(3/1)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

Return Top