Switch news

知っておきたい世界のニュース

フランス大統領選、マクロン大統領と極右のル・ペン候補が決選投票へ

フランス大統領選、マクロン大統領と極右のル・ペン候補が決選投票へ
Twitter/NEXTA

フランスの大統領選挙(1次ラウンド)が4月10日に行われ、エマニュエル・マクロン大統領と極右のマリーヌ・ル・ペン候補の2人が、今後決選投票に臨むことになった。

 

極左の候補者も躍進

 

10日の投票(集計率96%)では、マクロン大統領が27.42%、極右のル・ペン氏が24.03%、極左のジャン・リュック・メランション氏が21.57%の得票率になったという。

 

今回の大統領選には12人の候補者が立候補したが、10%以上の得票を得たのはこの3人だけ。

 

極左のベテラン候補、メランション氏は5年前より得票を伸ばしたが、マクロン氏とル・ペン氏が決選投票に臨むことになった。

 

スポンサーリンク

メランション氏がキングメーカー?

 

この決選投票では、メランション氏の支持者の動向がカギを握ると考えられ、今や彼はキングメーカーの役割を担っているという。

 

メランション氏は「マリーヌ・ル・ペンに1票も与えてはならない」と支持者に警告。しかし代わりにマクロン大統領を支持することもなかったそうだ。

 

ただし左派の他の候補者たちの多くは、マクロン氏を支持している。

 

Twitter/Jean-Luc Mélenchon

 

一方、ル・ペン氏は、今回の大統領選で4位(7%の得票率)となった極右評論家のエリック・ゼムール氏の支持者を当てにすることができるという。

 

また民族主義者のニコラ・デュポン=アイニャンも、ル・ペン氏を支持しているそうだ。(了)

 

出典元:BBC:French elections: Macron and Le Pen to fight for presidency(4/10)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

Return Top