Switch news

知っておきたい世界のニュース

ドイツで犬が運転していた?スピード違反の写真に小型犬が映っていた

ドイツで犬が運転していた?スピード違反の写真に小型犬が映っていた
Twitter/Don Kylian

ドイツで、スピード違反を行った男性に、思いがけない違反通知が届けられた。

 

スピード違反の通知を開いてみたら…

 

そのドイツ人の男性は、ある日、自宅に届けられたスピード違反の通知を開いてみたという。

 

ドイツでもスピード違反した場合には写真が撮影され、運転手の顔が明らかにされる仕組みのようだ。

 

しかし男性が開いた通知には、なんと自分ではなく、当時一緒に乗っていたペットの小型犬が映っていたという。

 

スポンサーリンク

犬のシートベルトを忘れていた

 

取材を受けた男性の甥によれば、違反通知は罰金50ユーロ(約6700円)を請求するものだったが、小型犬が写った写真を見た時には、「ありえない」と思ったという。

 

また通常、犬は安全のために特別なシートベルトを着用する必要があったが、この日叔父はそれを忘れてしまったそうだ。

 

そしてスピード違反の写真が撮影された時、小型犬が運転している叔父に近づいてきたのだが、膝の上にいたのはわずか3秒ほどだったという。

 

結局、叔父はスピード違反の罰金を支払ったが、甥は「自分が運転していた証拠ではないため、争うこともできたかもしれない」と語っている。(了)

 

出典元:METRO:Driver’s confusion after his dog is given a speeding ticket(4/7)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top