Switch news

World News Odyssey

Pickup

日本人科学者がスゴイ、卵の白身から水素を発生させることに成功

日本人科学者がスゴイ、卵の白身から水素を発生させることに成功

日本人科学者が卵の白身から水素を発生させる方法を編み出したとして、海外で話題となっている。

 

白身に含まれるプロテインを利用

 

卵の白身から水素を発生させる方法を編み出したのは、大阪市立大学の研究チーム。

 

同大学の山田裕介教授は、水素を発生させる際に卵の白身に含まれるプロテインを利用したと説明。

 

山田教授はAFP通信の取材に対し、この方法を編み出したことにより「我々の究極的な目標である、水から水素を発生させるということに近付いた」と語る。

 

クリーンエネルギーとして期待がかかる水素

 

教授は「この方法は、将来的にはクリーンに水素を発生させるための基礎となる」との見方をも示している。

 

水素は酸素と反応することによって電気を生み出すことができるが、この際に発生するのは水と熱のみ。二酸化炭素等は発生させないため、クリーンなエネルギーとして期待がかけられている。

 

しかし現在水素から電気を発生させる方法として主流となっているのは天然ガスと化石燃料を利用する方法で、これによっては結果的に二酸化炭素が排出されてしまう。

 

そのため化石燃料等を利用することなくして水素を発生させる技術には期待がかかっており、山田教授はこれに「プロテインが有益な物質であることを発見した」としている。

 

「水素をエネルギー源として利用すれば、地球環境に放出されるのは水のみだ。これは非常に環境にやさしい」

 

 

プロテインにより分子が固定

 

一方、化石燃料等を利用することなく水素を生み出す方法は分子を相互作用させることにより、実験ではこれまでにも行われてきた。

 

ただ分子は自由に動き回ってしまうため水素の発生を妨げることもあり、それゆえ科学者らは分子を固定させる方法を長年にわたり研究してきたという。

 

山田教授らが編み出した今回の方法では、卵の白身に含まれるプロテインを利用することで結晶を作り出し、その小さな穴の中に分子を固定。それにより分子の流れと相互作用をコントロールし、水素を生み出すことに成功したという。

 

二酸化炭素を排出させ地球温暖化を引き起こす化石燃料の代替手段として、水素は各国の企業が注目するエネルギーだ。

 

今回発見された方法により、クリーンなエネルギーとしての水素の将来性がますます開けてきそうだ。(了)

 

※今回の記事は、The Japan Timesなどを元に書かれています。研究の詳細については、大阪市立大学のホームページでも紹介されていますので、そちらを参照いただければと思います。

 

出典元:Japan Today:Japanese scientist uses egg white for clean energy(2/17)

出典元:The Japan Times:Japanese chemist finds way to improve production of clean energy using egg whites(2/16)

出典元:大阪市立大学:有機×無機の新視点! 卵由来のタンパク質と光エネルギーを利用した高効率な水素製造に成功!(2/9)

Return Top