Switch news

知っておきたい世界のニュース

新型コロナ陽性患者を嗅ぎ分けるため、アメリカで犬のトレーニングを開始

新型コロナ陽性患者を嗅ぎ分けるため、アメリカで犬のトレーニングを開始
PennVet

現在、世界で新型コロナウイルスの検査キットなどの開発が進められているが、アメリカではちょっとユニークな取り組みが行われている。

 

それは犬をトレーニングし、新型コロナウイルスの患者を見分ける試みだ。

 

犬が新型コロナの匂いを検知できるか

 

そもそも犬には、がんや糖尿病の血糖値などさまざまな要素を嗅ぎ分けられる能力があると言われてきた。

 

アメリカではそのような病気のために犬のトレーニングが行われてきたが、ペンシルベニア州にあるペンシルベニア大学獣医学部は、犬が新型コロナウイルスを嗅ぎ分けられるかどうかを見るプログラムをスタートさせたという。

 

同大学のCynthia Otto博士はABC Newsの取材に対し、「私たちは犬がCOVID-19に関連する匂いを検知できるかどうか、を見極めることを始めています」と語っている。

 

まだトレーニングは始まったばかり

 

現在、この犬たちは異なった匂いを特定する方法を学んでおり、治療を受けるべき匂いを嗅ぎ分けることを始めているという。

 

その最初のトレーニングを終えると、COVID-19の陽性だった患者と陰性だった人のサンプルを使い始めることになるそうだ。

 

研究者がこのトレーニングでまず目指していることは、感染した患者に揮発性有機化合物の匂いがあるかどうかを見極めること。その上でOtto博士は次のように語っている。

 

「企業は従業員を職場に戻したいと思っているかもしれません。しかし陽性の可能性があるどんな人も、戻すことはできません。そこで私たちが犬を人々のそばで歩かせれば、陽性の人がいるかどうか知らせてくれるかもしれないのです」

 

もっともこれは予備的なもので、Otto博士は感染の拡大を抑えるためには、多角的なアプローチをとる必要があると語っている。その上で例え、犬による検知が成功したとしても、通常の検査方法に置き換わることはないという。(了)

 

 

出典元:ABC News:Can dogs be trained to sniff out COVID-19 in patients?(5/1)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top