Switch news

知っておきたい世界のニュース

モデルナのブースター接種、ファイザーよりもオミクロンに効果ありと発表

モデルナのブースター接種、ファイザーよりもオミクロンに効果ありと発表
Wikipedia/mRNA-1273

モデルナ社は今月20日、自社の新型コロナワクチンによるブースター接種が、オミクロン株に対して非常に効果的であると発表した。ファイザー製ワクチンのブースター接種もオミクロン株に効果があると発表されているが、比較するとモデルナ製ワクチンの方が上だとのこと。

 

中和抗体が37倍に

 

モデルナ社によると、同社ワクチンの用量50マイクログラムのブースター接種(3回目の追加接種)を受けた人は、受けない人(2回の接種しか受けていない人)と比較して、オミクロン株に対する中和抗体の量が約37倍に増えることが臨床実験で分かったとのこと。

 

用量50マイクログラムというのは、通常の接種1回分の半量で、ブースター接種用としてアメリカで推奨されている量だ。モデルナ社の実験では、ブースター接種を通常と同量の100マイクログラムで行なった場合、オミクロン株に対する中和抗体の量は83倍にも跳ね上がった。

 

中和抗体は、ウイルスが人の細胞に及ぼす影響を中和して、細胞を防御する。人体には他にもウイルスに対抗する機能がいろいろあるが、今回の実験では、オミクロン株に対する中和抗体のみが測定の対象となった。また、発表された実験結果は速報であり、査読はまだ行われていない。

 

実験では、ブースター接種後の副反応についても調査されている。やや残念だが、50マイクログラムでも100マイクログラムでも、通常の1回目2回目同様の副反応が出たそうだ。ただ、量の少ない50マイクログラムの方が症状が軽いらしい。

 

対オミクロン株ワクチンも開発中

 

モデルナ社は、オミクロン株に焦点を定めた新しいワクチンも開発中。うまく行けば、ブースター接種にそれを使う臨床試験を、2022年の早い時期に開始できるという。

 

またオミクロン株と同様に、新型コロナウイルスのオリジナル株やデルタ株などで見られた変異を組み込んだ「多価ワクチン」の開発も進められている。(了)

 

出典元:Metro:Moderna says its booster highly protects against Omicron – at level higher than Pfizer vaccine(12/20)

出典元:The New York Times:Moderna says its booster significantly raises the level of antibodies to thwart Omicron.(12/20)

出典元:Wikipedia:中和抗体

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top