Switch news

知っておきたい世界のニュース

ヨーロッパ・ハムスターがレッドリスト入り、今後30年で絶滅の可能性も

ヨーロッパ・ハムスターがレッドリスト入り、今後30年で絶滅の可能性も
IUCN

ヨーロッパに生息する野生のハムスターの個体数が減少しているため、絶滅が危惧される動物のリストに追加された。

 

生息域での人間の影響を調査

 

ヨーロッパ・ハムスター(クロハラハムスター)は、人間に飼われている「ゴールデンハムスター(Syrian hamsters)」や、「ドワーフハムスター」といった種類の親戚で、体は最も大きい部類になるという。

 

しかしここ数年、この野生のハムスターの個体数が減少。このため生息地における人間の影響が調査されたそうだ。

 

その結果、「国際自然保護連合(International Union for Conservation of Nature:IUCN)」では、地球温暖化や工業化、光の害、プランテーションなどが、減少の原因になっていると発表した。

 

その上で今回、「IUCN」のレッドリスト(critically endangered:近絶滅種)にヨーロッパ・ハムスターが加えられたという。

 

メスが産む子供の数が大幅に減少

 

このハムスターの個体数は、フランスのアルザス地方やドイツ、東ヨーロッパのエリアで、最大75%まで減少。

 

この理由として、メスのハムスターが一度に子供を産む数が、減少している点が挙げられている。

 

「IUCN」によれば、20世紀ではメスのハムスターは1年で平均20匹の子供を産んでいたが、今では1年で5、6匹しか生まないという。

 

そのため専門家は、もし何も対策をとらなければ、次の30年にはこの種のハムスターが絶滅する可能性があると指摘している。(了)

 

 

出典元:BBC:European hamster added to ‘critically endangered’ list(7/10)

出典元:The Guardian:European hamster and caterpillar fungus on brink of extinction(7/9)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top