Switch news

日本海で北朝鮮の男性を救助、発泡スチロールだけで10時間も漂い続けた

日本海で北朝鮮の男性を救助、発泡スチロールだけで10時間も漂い続けた

日本海で漂流していた北朝鮮の男性が、ロシアの船によって助けられる場面が撮影された。

 

発泡スチロールだけで浮いていた

 

この男性を発見したのは、「Kurilskoye Ozero」と呼ばれる漁船だ。

 

この船はウラジオストクの北東に位置する、ヴラジミラ湾内のTimofeevka村から出港し、数時間後に海の上を漂っている男性を見つけたという。

 

しかも男性は驚くことに2つの発泡スチロールだけで浮かび続けており、すでにかなり疲れ果てた状態に見えたそうだ。

 

YouTube/Video Desk

10時間も海を漂っていた

 

やがて船は近づき、最初の浮き輪を投げるが、波に阻まれ男性はキャッチすることに失敗。

 

しかし2度目に投げた浮き輪をなんとかつかみ、その後船に引き上げられた。

 

 

その男性は北朝鮮の船員とみられ、やがてロシアの船員から乾いた衣類を与えられて着替え、暖かい食べ物も提供されたという。

 

また男性はなんとかジェスチャーで意志を伝えようとし、少なくとも10時間は海の中を漂っていたと語ったとか。

 

 

その後、北朝鮮の船員はロシアの沿岸警備隊に引き渡され、陸地へと運ばれた。体にはケガなどは見られなかったという。

 

ロシアのある地元メディアは、最近ヴラジミラ湾にも北朝鮮の船が漁をする姿が目撃されており、救助された男性はそのうちの1つの船に乗っていたとの見方を示している。(了)

 

 

出典元:The Siberian Times:Miracle rescue of a North Korean man who floated in the sea on two pieces of foam plastic(9/10)

Return Top