Switch news

知っておきたい世界のニュース

キノコ同士が50の単語で会話している可能性:大学調査

キノコ同士が50の単語で会話している可能性:大学調査
photo AC

キノコが、地中で絡み合わせた菌糸を通して、相互に会話しているらしいのだ。菌糸の中を伝わる電気信号が、言葉の代わりをしている可能性があると科学者はいう。

 

電気信号のパターンを分析

 

調査を行なったイギリス・西イングランド大学のAndrew Adamatzky教授によれば、キノコの菌糸の中に、電気のパルスのようなもの(正確には電位の急激な変化である「スパイク」)が流れていることは、すでに知られているのだそう。

 

そのパルスが、コミュニケーションの際の電気信号として使われているのではないかと教授は考え、4種のキノコ——エノキタケ、スエヒロタケ、幽霊キノコ(学名:Omphalotus nidiformis)、冬虫夏草について詳しく調査した。

 

具体的には、パルス(電位のスパイク)を分析し、何らかのパターンを見つけ出そうとしたそうだ。その結果、パルスは文章のように構成されていて、単語に当たるもの(パルスのパターン)が多くて50ほどあることが分かった。Adamatzky教授は、海外メディアに次のように話している。

 

「キノコがこの電気的活動をコミュニケーションに使っていると仮定してのことですが、キノコが発信する単語の長さは、人の言語のそれと似ています。また、キノコの語彙の多さは、もっとも多くて50語程だろうと分かりました。ただ、よく使われる大事な単語となると、15〜20語を超えることはありません」

 

スポンサーリンク

さらなる研究の余地

 

キノコの電気パルスに言語に似たパターンがあることはこれで証明できたが、それでキノコがコミュニケーションを取っているという結論に飛びつくのはまだ早い。

 

自然に帯電した菌糸が、物理的な要因で頻繁に放電し、何らかの理由からそれがパターン化しているとも考えられる。つまり「キノコは何も言っていない」可能性もある、と教授は指摘する。

 

果たしてキノコは、コミュニケーションを取っているのか? 答えは今後の研究に期待するしかない。「キノコの電気的なコミュニケーションに関する研究は、まだほんの幼児期なのです」とAdamatzky教授は言っている。(了)

 

出典元:sunny skyz:Research Suggests Mushrooms Talk To Each Other Using Up To 50 Words(4/7)

出典元:The Guardian:Mushrooms communicate with each other using up to 50 ‘words’, scientist claims(4/6)

出典元:The Royal Society:Language of fungi derived from their electrical spiking activity(4/6)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

Return Top