Switch news

知っておきたい世界のニュース

イランで新型コロナを防ごうとメタノールを飲む人が続出、約300人が死亡

イランで新型コロナを防ごうとメタノールを飲む人が続出、約300人が死亡
flickr_Andrew Magill

イランで新型コロナウイルスへの恐怖から、間違った情報が広まり、多くの人々がメタノールを飲んで死亡している。

 

5歳の男の子は盲目になる

 

イランのメディアによれば、国内ではメタノール(メチルアルコール・工業用アルコール)を飲んで約300人が死亡し、1000人以上が病気などにかかっているという。

 

これは、アルコール類を飲むことで治る、または感染しないという誤った認識が広がっているためで、実際に5歳の男の子も親からメタノールを飲むよう勧められ、現在目が見えなくなくっているそうだ。

 

イランの保健省は人々に対し、工業用アルコールを飲まないよう訴えている。しかしイスラム教国では、そもそも飲酒が禁止されているため、人々がメタノールに頼る背景もあるらしい。

 

メタノールは劇物で、人間が飲むと視神経や中枢神経が冒される場合があるが、エタノールは糖蜜、でんぷん質、エチレンからできており、お酒の主成分となっているため口に入れても安全とされている。

 

フェイクニュースが原因だが、政府への不信感も

 

イランの保健省を支援している医者によれば、すでにメタノールを飲んで480人が死亡し、3000人が後遺症などを患っていることを考えると、大きな問題になっているという。

 

この誤った認識は、イランにおけるソーシャル・メディアからのフェイク情報によって広まっているそうだが、その背景には人々が事態を悪く見せまいとしている政府に疑いを持っている面もあるとか。

 

保健省のアドバイザーをしているHossein Hassanian医師は、次のように述べている。

 

「他の国は1つの課題しかない。つまり、それは新型コロナウイルスのパンデミックを防ぐこと。しかし私たちはここで、2つの目の前にあるものと戦っている。私たちはアルコール(メタノール)で被害を受けた人を直し、またコロナウイルスとも戦わなければならないのです」(了)

 

 

出典元:Canberra Times:False virus cure kills hundreds in Iran(3/28)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top