Switch news

知っておきたい世界のニュース

吸血鬼対策の埋葬法か?鎌が首に置かれた17世紀の遺体を発見【ポーランド】

吸血鬼対策の埋葬法か?鎌が首に置かれた17世紀の遺体を発見【ポーランド】
Twitter/Cultural Anthology

ポーランドで17世紀の墓地から、不思議な形で埋葬された女性の骸骨が発見された。

 

絹の帽子をかぶり、前歯が飛び出す

 

この骸骨を発見したのは、ポーランドにあるニコラス・コペルニクス大学のダリウス・ポリンスキ教授らだ。

 

ポリンスキ教授によれば、その骸骨は女性とみられ、絹の帽子をかぶり、前歯が飛び出していたという。

 

また首のあたりに鎌が置かれており、ポリンスキ教授は次のように説明している。

 

「鎌は平らに置かれたのではなく、死者が起き上がろうとした時、頭を切り落とされるか負傷するような形で首の上に置かれていました」

 

Twitter/Cultural Anthology
Twitter/Cultural Anthology
スポンサーリンク

死者が吸血鬼として蘇る?

 

スミソニアン・マガジンによれば、11世紀には東欧の市民が吸血鬼への恐怖から、「死んだ人の中には、血を吸う怪物として墓から這い出てきて、生きている人を恐怖に陥れるものがいる」と考えていたという。

 

そして死者を、吸血鬼対策の儀式で取り扱うようになったそうだ。

 

しかも17世紀になると、ポーランド全土でこのような埋葬の習慣が一般的になったという。ポリンスキ教授は次のように語っている。

 

「死者の復活を防ぐための他の方法としては、頭や足を切り落とす、死者を下向きにして地面に噛ませる、焼く、石で叩きつけるなどがあります」

 

また他の一般的な吸血鬼対策の埋葬方法には、骨格に金属の棒を打ち込むものがあるが、今回見つかった女性の遺体は、鎌を首にかけ、南京錠で足の指を拘束した状態で発見されたそうだ。(了)

 

出典元:Science Alert:‘Vampire’ in Poland Found Buried With a Sickle to Prevent The Rise of The Dead(9/5)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top