Switch news

知っておきたい世界のニュース

古代エジプトの墓に、10体のワニのミイラが埋葬されていた

古代エジプトの墓に、10体のワニのミイラが埋葬されていた
Twitter/RBINSmuseum

以前、エジプトにある墓で、数多くのワニのミイラが発見され、今回その研究結果が発表された。

 

複数のミイラ化したワニを発見

 

その研究を行ったのは、スペインのJaén大学のエジプト学者、アレハンドロ・ヒメネス・セラーノ氏が率いる研究チームだ。

 

彼らは2018年、ナイル川西岸にあるQubbat al-Hawa遺跡で、ビザンチン時代のゴミ捨て場の下から7つの小さな人間の墓を見つけたという。

 

やがて、そのうちの1つの墓から、複数のミイラ化したワニを発見。今年の1月18日には、学術誌「PLOS ONE」において、その研究結果が発表された。

 

スポンサーリンク

非常に保存状態が良かった

 

発見されたミイラ化したワニは、合計10体。今から2500年以上前のものと考えられている。

 

10体のうち5体は頭部だけで、他の5体のうちの1体は体長7フィート(約2.1m)以上あり、ほぼ完全なもので、非常に保存状態が良かったそうだ。

 

ベルギー王立自然科学研究所の古生物学者で、この研究の共著者であるBea De Cupere氏は、次のように述べている。

 

「ほとんどの場合、私は断片や壊れたものを扱っています。墓の中に10体のワニがいると聞けば、それは特別なことです」

 

スポンサーリンク

今まで発見されたのは幼体、若いワニ

 

もっとも、エジプトの古代の墓から、ワニのミイラが発見されるのは、これが初めてではない。

 

ただその多くは幼体か、若いワニとされ、今回発見されたのは、成長した大人のワニだったという。

 

またこのワニは、古代エジプトで崇拝されていた豊穣の神、「Sobek」を称える儀式で保存されたと考えられている。

 

ワニは何千年もの間、エジプト文化において重要な役割を担っており、神と結びついただけでなく、食料源でもあり、脂肪などの一部は、体の痛み、凝り、さらには禿げを治療する薬として使われたという。(了)

 

出典元:NYTimes:10 Mummified Crocodiles Emerge From an Egyptian Tomb(1/18)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top