パリの象徴、エッフェル塔の入場料が全面値上げ!その背景とは?

  • 1
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

11月1日より、パリのシンボルとして観光客からの人気を集めるエッフェル塔の入場料が、約5割も値上げされている。

 

エッフェル塔の入場料は全面的に値上げ

 

エッフェル塔の入場料にはいくつか種類があるが、11月1日よりいずれも値上げが行われている。

 

塔の頂上部までエレベーター利用で訪れる際には、以前は17€(日本円で約2250円)であった入場料が現在は25€(約3310円)となっており、47%もの値上げとなっている。

 

さらにエレベーター利用で塔の2階部分まで登る際にも、以前の11€(約1450円)から16€(約2120円)への値上げとなっており、階段利用でエッフェル塔の2階まで登る際にも、以前の7€(約930円)から10€(約1320円)への値上げとなっている。

 

入場料値上げの理由とは

 

この50%近くにも及ぶ入場料値上げの背景としては、塔の改修に向けた資金を集めたい狙いがあるようだ。

 

今後15年以上にわたり、エッフェル塔には3億€(約397億万円)もの資金が投入され、その資金の多くは塔の周囲に防弾壁を設置するために利用されるという。

 

主となる保守作業に関しては既に開始されており、また警備も増強されている。

 

値上げでも他の塔と比較するとお安い入場料

 

しかし、50%近くにも及ぶ値上げにもかかわらず、エッフェル塔の入場料は世界の他の有名な塔に比べ、安価なままだ。

 

アメリカのエンパイアステートビルの入場料は約29ドル(約3300円)、世界で最も高い高層ビルとして知られるドバイのブルジュ・ハリファの入場料は約370ディルハム(約1万2000円)となっており、それらと比較すると、エッフェル塔の入場料はいまだ最も安い基準となっている。

 

出典元:The Local:Eiffel Tower ticket prices skyrocket to fund renovations(11/3)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でswitch newsをフォローしよう!


  • 1
  •  
  •  
  •  
  •  
  •