Switch news

World News Odyssey

Pickup

400キロ上空でもハロウィーン、国際宇宙ステーションのクルーも変身

400キロ上空でもハロウィーン、国際宇宙ステーションのクルーも変身
Twitter/Alexander Gerst

10月31日は各地でハロウィーンのイベントが行われたようだが、実は地球の上空でも仮装パーティーが催された。

 

宇宙飛行士が写真をツイッターに投稿

 

そのパーティーが行なわれたのは、地上から250マイル(約400km)も離れた上空を移動し続ける国際宇宙ステーション(ISS)だ。

 

すでにISSに147日も滞在し続けている3人の乗組員は、10月31日にユニークな衣装を身に付け、記念撮影。

 

その楽しげな写真をツイッターに投稿した。その投稿がこちら。

 

ダースベイダーやエルビスに変身

 

ヨーロッパの宇宙飛行士で、地球物理学者やフライト・エンジニアでもあるAlexander Gerstさんは、ダースベイダーに変身。

 

またロシアのコスモノウト(宇宙飛行士)であるSergei Prokopyevさんはエルビス・プレスリーに扮し、NASAの航空医官であるSerena Auñón-Chancellorさんはマッド・サイエンティストの衣装をまとっていた。

 

実はISSの宇宙飛行士らは過去数年間、ハロウィーンの日には仮装を行っており、2017年には6人がスパイダーマンやウルヴァリンなどに扮したという。

 

しかし今年は、10月中旬にロシアのソユーズ・ロケットが打ち上げに失敗。2人の宇宙飛行士は無事だったが、結局ISSに来ることはできなかったそうだ。

 

そのため今年は3人でのちょっと寂しいハロウィーンになってしまったようだが、それでも写真には宇宙飛行士たちの楽しげな様子が映っている。(了)

 

 

出典元:Mashable:Darth Vader and Elvis spotted on the International Space Station(11/1)

Return Top