Switch news

知っておきたい世界のニュース

現実にある奇妙な瞬間を捉えたストリートフォトが面白い

現実にある奇妙な瞬間を捉えたストリートフォトが面白い
Instagram/edaswong

香港を拠点に活動する写真家・Edas Wongさんは、「IPA ワンショット・ストリートフォトコンテスト」や「ブリュッセル・ストリートフォトグラフィ・フェスティバル」など、数々のコンテストで入賞しているストリートフォトグラファーだ。

 

自身のインスタグラムにほぼ全ての作品を投稿し続けており、現在のフォロワー数は2万2000人を超える。

 

作品の特徴は、街中で偶然発見した奇妙な場面、ユーモラスな瞬間を見事に捉えていること。中でも特に面白いものを、選りすぐってご紹介しよう。

 

街で起こる面白い重なり

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

KinWing Edas Wong(@edaswong)がシェアした投稿

↑ 豊かに繁った木が、巨大なアフロヘアーに見える。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

KinWing Edas Wong(@edaswong)がシェアした投稿

↑ 料理屋の看板らしいが、とって食われそう。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

KinWing Edas Wong(@edaswong)がシェアした投稿

↑ 本当だったらかなり痛いだろう。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

KinWing Edas Wong(@edaswong)がシェアした投稿

↑ マスク時代ならではのユーモアが生まれる。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

KinWing Edas Wong(@edaswong)がシェアした投稿

↑ 撮影場所は香港。街中にこんな監視カメラが沢山あるらしい。看板の男性はアメリカの俳優、ジョージ・クルーニー。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

KinWing Edas Wong(@edaswong)がシェアした投稿

↑ この瞬間をよく撮ったものだ。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

KinWing Edas Wong(@edaswong)がシェアした投稿

↑ ゴミもドレスになる。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

KinWing Edas Wong(@edaswong)がシェアした投稿

↑ このオジサン、そんなに急いでどこへ行こうというのか。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

KinWing Edas Wong(@edaswong)がシェアした投稿

↑ これまたうまくピッタリはまったものだ。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

KinWing Edas Wong(@edaswong)がシェアした投稿

↑ ハテナマークはインフォメーション・カウンターの上に吊り下げられたもの。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

KinWing Edas Wong(@edaswong)がシェアした投稿

↑ よく見ると人が……。

 

あくまで趣味として

 

現在52才になるWongさんは、若い頃から写真を撮っていたが、2005年にスウェーデンに移住して以来、仕事が忙しすぎて写真どころではなくなっていたという。だが2012年には写真を再開。今は通信機器メーカー「エリクソン(Ericsson)」で、ソリューション・マネージャーとして働きながら、週末に写真を撮っている。

 

ストリートフォトを撮るときは、「心を空っぽにして」自分の周囲の状況をひたすら観察するWongさん。これが、日々のストレスを和らげるのに役立っているという。撮るときは真剣だが、あくまでも趣味。本業にする気はないそうだ。(了)

 

出典元:Good News Network:Photographer Captures Amazingly Surreal Moments on Hong Kong Streets(3/10)

出典元:Insider:A street photographer captures perfectly timed images, and the results will make you look twice(2020/12/12)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top