Switch news

知っておきたい世界のニュース

ISSでゴリラの格好をして遊ぶ宇宙飛行士、動画が再び話題に

ISSでゴリラの格好をして遊ぶ宇宙飛行士、動画が再び話題に
Twitter/Massimo

国際宇宙ステーション(ISS)で、ゴリラの衣装を着て遊ぶ宇宙飛行士の動画が投稿され、再び注目を集めている。

 

2016年に撮影された動画

 

その動画は実は2016年に撮影されたものだが、今年の1月10日に映像作家のTodd Spence氏によってツイッターに投稿され、再び脚光を浴びたという。

 

動画には余暇として宇宙飛行士がゴリラスーツを着て、仲間を怖がらせて遊ぶ様子が映っていた。

 

Spence氏の投稿は現在までに、3万回以上もリツイートされ、18万件の「いいね」が寄せられている。

 

ツイッターのコメントは正確ではなかった

 

Spence氏は投稿で「宇宙飛行士のマーク・ケリーが、以前宇宙ステーションにゴリラスーツを密かに運び込んだ」とコメントしているが、これは正確ではない。

 

まず、このゴリラスーツを着ていた宇宙飛行士は、マーク・ケリーさんの双子の兄弟であるスコット・ケリーさんになる。

 

また当時、マーク・ケリーさんは地球におり、ゴリラスーツを密輸したわけでもない。スーツはマークさんから、正式な補給ミッションでスコットさんに送られたものとなる。

 

そしてスコットさんはこのスーツを着て、イギリス人初の宇宙飛行士であるティム・ピークさんを追いかけまわしていたという。下は元になった動画となる。

 

長期間に及ぶ人体への影響を調査

 

スコットさんはISSに合計で340日間滞在したが、その後地球に残ったマークさんと比較され、長期間の宇宙滞在が人体にどのような影響を与えるのか、について研究が行われた。

 

研究者は、340日間のミッションの前とその間、または後に2人から収集したデータを使って、10項目の異なる調査を実施。

 

その後、サイエンス誌に掲載された研究結果には、NASAの最長の有人宇宙飛行による人体への影響が詳細に示されており、スコットさんには、マークさんに見られないいくつかの変化が確認されたという。

 

これらの影響のいくつかは宇宙滞在後も残ったが、多くはその後6ヶ月で治まったそうだ。

 

この実験は、NASAが初めて1年間の宇宙実験に挑戦したもので、2〜3倍の期間を要する火星探査の前哨戦になるものだと言われている。(了)

 

出典元:METRO:The bizarre story of how a gorilla suit was smuggled onto the ISS(1/10)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top