Switch news

知っておきたい世界のニュース

麻薬組織に飼われていたワンコ、逮捕された犯人と同じく床に伏せて降伏

麻薬組織に飼われていたワンコ、逮捕された犯人と同じく床に伏せて降伏
Twitter/Rádio CBN

ブラジルで麻薬組織の男たちが摘発されたのだが、その時になんともユニークな場面が撮影された。

 

飼い主と一緒に床に横たわる

 

その映像が撮影されたのは7月28日、場所はブラジルのサンパウロ州、ホルトランディアにある牧場とされている。

 

警察は、そこで1.1トンの大麻を押収。麻薬組織の男らも逮捕され、3人の容疑者が両手を後ろに回して床に伏せ、手錠をかけられたという。

 

しかしその際、麻薬組織に飼われていた犬まで、警察に従うのが得策と言わんばかりに、男らと一緒に床に横たわった。その様子がこちら。

 

スポンサーリンク

犬は近所の女性に預けられている

 

ブラジルの麻薬警察によると、大麻は別の州からこの建物に運ばれてきたとされ、届けられた瞬間を見計らって、警察が押し入ったという。

 

逮捕された3人のうち1人の容疑者はこの建物の所有者で、その後3人はアメリカーナの近くにある麻薬警察本部に連行されたそうだ。

 

残された犬の方だが、現在は家の周りの土地を所有する女性と一緒に、敷地内に残っているという。この女性は麻薬取引には関与していないらしい。

 

またこの犬以外にも2匹飼われていたとされ、警察は今後、牧場に戻り、これらの犬について調べ、動物保護サービスが必要かどうかを確認する予定だとされている。(了)

 

出典元:METRO:World’s most useless guard dog lies down next to drug gang in police raid(7/29)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top