Switch news

World News Odyssey

Pickup

テイラー・SのMVで使われた大量のジュエリーが本物?その価値は11億円以上

テイラー・SのMVで使われた大量のジュエリーが本物?その価値は11億円以上
Instagram/taylorswift

先月、テイラー・スウィフトさんの新曲が発表されたが、そのビデオの中で使われている宝石が本物だったとして話題となっている。

 

合計で数百カラット、11億円の価値

 

テイラーさんの新曲「Look What You Made Me Do」は8月27日にリリースされたが、そのミュージック・ビデオではジュエリーが多く使われている。

 

実際に冒頭では、大量の宝石が敷き詰められたバスタブにテイラーさんが入っているシーンが写っており、また彼女自身もさまざまな宝石を身につけていた。

YouTube/TaylorSwiftVEVO

PageSixが関係者から聞いた話によれば、それらの宝石は本物で、有名な宝石デザイナーのNeil Laneから借りたビンテージものだったという。

 

しかもバスタブにあるものや身につけている宝石を含めると、数百カラット以上もあり、合計で1000万ドル(約11億円)以上の価値があったそうだ。

 

またテイラーさんが左指につけていたヘビの指輪も、2013年にアカデミー賞の授賞式に女優のZoe Saldanaさんがはめていたものだったとか。

 

その結果、撮影中も「信じがたいほど」の厳重な警備体制が敷かれていたとされている。

Instagram/taylorswift

不仲とされる相手へのメッセージか

 

また今回のミュージック・ビデオは過激な内容となっており、以前からテイラーさんと不仲を噂されていた人物に対するメッセージではないかという、憶測が流れているという。

 

その人物とはラッパーのカニエ・ウェストさん。彼は以前、テイラーさんの授賞式割り込み、「君の作品もよかった。けどビヨンセのビデオが1番なんだよ!」と発言。さらにその後も自らの歌詞でテイラーさんについて言及するなど、物議をかもしてきたそうだ。

そして今回、彼女の新曲のビデオが発表され、過激な表現と挑戦的なメッセージを含んだ歌詞にファンらは驚いたそうだ。

 

特にバスタブのシーンはウェストさんの妻であるキム・カーダシアンさんが、昨年パリで強盗に襲われて多額の宝石を盗まれたことを象徴しているのではいかと疑う人もいるという。

 

それとは対照的にビデオの後半で舞う1ドル紙幣は先月、テイラーさんがセクハラ裁判で勝訴した時に請求した金額を表しているのでは、という見方もあるそうだ。

 

新曲「Look What You Made Me Do」はYouTubeでの再生回数が、8月29日朝の時点で3812万回超えを達成している。(了)

 

 

出典元:PageSix:Taylor Swift’s diamond bath cost more than $10M(8/29)

Return Top