ラスベガス銃乱射事件の犠牲者を悼み、火の灯された無数のランタンが夜空に舞い上がる

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

銃乱射事件が起きたアメリカのラスベガスで、先週多くのランタン(熱気球・天灯)を夜空に浮べるフェスティバルが行われ、多くの人々が参加した。

 

2万個のランタンが夜空で輝く

 

そのフェスティバルは「The RiSE Lantern Festival」と呼ばれ、ネバダ州のラスベガス郊外、Moapa自然保護区付近で開催されたという。

 

期間は10月6日と7日の2日間。この間に1万5000人が参加し、夜空には2万個以上ものランタンが浮かび上がり、壮大な光景を描き出したそうだ。

 

このフェスティバルは今回で4年連続とされ、人々は希望や夢、願いを託してランタンに火を灯し、夜空に浮かび上がらせるとか。

Facebook/Kelly Broderick Moss

Facebook/Kelly Broderick Moss

犠牲者を悼み参加した人も多数

 

また今年は、先日野外コンサート会場で銃の乱射事件が起き、50人以上が死亡したことを受け、事件の犠牲者を悼み、参加した人も多くいたという。

 

その中の1人、Kelly Broderick Mossさんはフェイスブックで次のように述べている。

 

「この週末はラスベガスにとって感傷的な日でした。1週間が過ぎていくに従い、愛する人々を失った家族についての多くの話を耳にするようになりました」

 

「私とJoe(夫)は、誰かによって私たちの世界が変えられるのを拒否します。だから私たちはRiSE Lantern Festivalと呼ばれる大規模なフェスティバルを訪れたのです」

Facebook/Kelly Broderick Moss

またMossさんによれば、参加した多くの人々がランタンに「 #vegasstrong(ベガスは負けない)という文字を書いて、浮かべていたという。

 

最後に、Mossさんは次のように語っている。

 

「この街に住む市民が心の傷から癒されるのには、時間がかかるでしょう。しかし彼らは自らを癒し続けます。私はこの街に住んでいることを誇らしく思います」(了)

 

 

出典元:FOX5:Victims of Las Vegas shooting honored at Rise Lantern Festival(10/10)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でswitch newsをフォローしよう!


  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •