Switch news




旅の途中で男にお尻をつかまれた美女、意外過ぎる反撃がネットで話題に

旅の途中で男にお尻をつかまれた美女、意外過ぎる反撃がネットで話題に

アイルランドで美女のお尻をつかんだフトドキ者が、ふさわしい制裁を加えられることとなった。

 

旅先でチカンに遭遇

 

現在はヨーロッパを一人旅中の、リアナ・カーさんは米コロラド州出身の26歳だ。

 

View this post on Instagram

Beginning of December means…. studying and finals and a 50 gazillion page final course essay 📕📝🙄 it’s overwhelming on top of work and outside projects… but I love getting in this zone bc I definitely thrive under pressure lol. Annnnd I only have more semester of my masters program left so 🙌🏼 Curious… how many of you guys are currently in school? What are you majoring in? Post grad? What’s the ultimate goal career wise? Brag about yourself below (and maybe tell me something interesting that you learned this semester 😜) and I’ll pick two random peeps to send $50 @bodybuildingcom gift cards to 👌🏻 because nothing should hold ya back from your gainz…. not even student loan debt 😂😂😭😭 #teambodybuildingcom #bestself #gradschool #brokecollegestudent #ifeelyou #yougotthis #goodluckonfinals

A post shared by Leanna Carr (@leanna_carr) on

 

美しい彼女は、旅先のダブリンの路上で、とっても残念な経験をすることとなった。4月21日に彼女がTwitterで投稿したところによると、ひとりの男性がいきなり彼女のお尻をつかんだのだという。

 

しかも大声で笑いながら、「君はアメリカ人だから、きっとこういうのが好きだと思ってね」と言い放ったのだという。アメリカ人だけではなく、世界中から嫌われて当然のこの男性は、リアナさんの行動を予期していなかったことだろう。

 

リアナさんは渾身の力で男性の顔にパンチをキメたのだ。

 

▼パンチのせいで腫れあがったこぶし

 

パワーリフターとしても活躍中

 

フトドキ者の男性はきっと知らなかったのだろう。自分がチカンをした美女が、プロのパワーリフターであることを。

 

 

▼鍛え上げられた肉体。ボディビルダーとしても活動している

 

人を殴るためにつけられた筋肉ではないが、チカン男は想定していないダメージを食らったに違いない。

 

一夜で大きな反響が

 

リアナさんのこの投稿は、一夜で大きな反響を呼んだ。投稿から10日ほどたった現在では、3200件を超えるリツイートと、2万6300件近いいいねを受けている。

 

コメント欄には「でかした!」「あんた大好き」「私のヒーロー」「起こったことは残念だけど、よくやったね」などの称賛の声が女性から寄せられている。

 

中には「ドイツのホテルでいきなり知らない人にキスされた時には、顔面を3回殴ってやった。血を流して倒れた男へ。アメリカ女性をナメるな」というものまであった。

 

また、男性からも「すべての女性を尊重すべきだ。おもちゃじゃないんだから。この男は恥じ入るべきだね」「相手の顔があなたのこぶしより傷ついていますように」「完璧な反撃だ」「“あなたはアイルランド人だから、きっとこういうのが好きなんでしょう”って言ってやった?」など、リアナさんの行動を称える声があがっている。

 

このような経験は「ありすぎること」

 

これほどの反響をリアナさんは想像していなかったようだ。4月25日には自身のインスタグラムに、その後の心境を綴っている。

 

どうやら一人旅を続けている彼女にとって、今回のような経験は「ありすぎること」だそうだ。普段は暴力なんて振るわない彼女は、「私の行動が適切なものだったかはわからない」と感じているという。

 

しかし、「正しいと感じたし、事態が悪化しなくてよかった」とコメントしている。男性にパンチをしてしまった背景には、怒りだけではなく、恐怖や弱さといった感情もあるそうだ。

 

また、一人旅を後悔はしていないという。「ヨーロッパを一人で旅していることは、人生の中でもとても素晴らしく、力をもらえる経験です」とつづっている。

 

 

彼女の元には旅先で卑猥な言葉をかけられたり、後をつけられたり、つかまれたり、露出狂にあったりした女性たちからのメッセージが寄せられているという。このことについて、「女性を見下す根深い思考や、問題を起こしたがることが理由で起こっている。女性は暴力や嫌がらせの心配なく、旅ができるべきだ」とつづっている。

 

「チカンを殴ったからではなく、情熱や頭の良さで有名になりたかった」と、リアナさんは現在の心境を綴っている。

 

このインスタグラムの投稿にも、1万3000件を超えるいいね!や数多くの称賛の声が寄せられた。(了)

 

Return Top