ISISのテロリスト風の衣装を着た男性のせいで、ハロウィーン会場がパニックに

  • 1
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

先週の金曜日、テロリスト風の衣装を着た男性がハロウィーンの会場に現れたとして、アメリカで話題となっている。

 

黒いローブを頭からかぶり、手にはライフル

 

その男性が姿を現したのは、ネブラスカ州のオマハという街にあるショッピングモール「Oak View Mall」。

 

10月27日、そこでは「Monster Mash Bash」と呼ばれるハロウィーン・イベントが行われ、多くの親子連れが訪れていたという。

 

そこへ黒いローブを頭からかぶり、黒いライフルと兵士用のバッグを手にした男性が出現。

 

多くの人々が本物のISISのテロリストではないかと考え、一時会場がパニックに陥ったそうだ。

そして現場にいた女性が男性の衣装を撮影。それを証拠にセキュリティに通報するも、警備員が到着する前に、男性の姿は消えていたとされている。

 

映画「The Town」の衣装のつもり

 

その後、男性の写真はネットに投稿され、非難の言葉とともに一躍注目されることに。

 

やがてテロリスト風の衣装を着た男性はメディアに登場。Hugo Mendozaと名乗り、取材に対し次のように語ったという。

 

「実際に着ていた衣装は、2010年公開の映画『The Town』に影響を受けたものです。私は誰も危険に晒しませんでしたし、銃口を人に向けていません。小さな子供を怖がらせてはいません」

そもそもMendozaさんはこのイベントに、2人の娘さんと女性の友人と共に出席していたという。

 

それでもパニックを引き起こしたことについて、Mendozaさんは誰かを怒らせるつもりはなかったと釈明している。

 

ハロウィーンとはいえ、やはりコスチュームだと認識されやすい服装を選んだ方が良かったのかもしれない。(了)

 

 

出典元:NYPost:Idiot wears ‘ISIS’ Halloween costume with toy rifle in packed mall(10/30)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でswitch newsをフォローしよう!


  • 1
  •  
  •  
  •  
  •  
  •